WEB金融新聞

20万円以下の中古車は危険なので注意!

HOME > 自動車とお金 > 20万円以下の中古車は危険なので注意!

中古車の価格は、年式や走行距離、そして車種毎の人気によって大きく変わってきます。ガリバーやカーチスなどの大手販売店なら、軽自動車や軽トラを除けば、安くても40〜50万円程度はする場合がほとんどです。しかし町の小さな中古車販売店などだと、まれに立派なセダンやミニバンなのに、20万円以下の極端に安い値段の車が販売されている事があります。

「車なんて動けば何でも良い」と考える人も居るかもしれませんが、ここまで安すぎる中古車に手を出すのは危険です。20万円以下などと極端に安い場合、大きな問題を抱えた車である可能性が極めて高いからです。

例えば事故車(過去に事故を起こした経歴のある車)だったというケースです。事故車の定義は、交通事故を起こしていなくても、サイドメンバーやダッシュパネルなど特定の部位が大きく損傷して交換や修理を行った車は「事故車」として扱われます。駐車場でボディを擦って少々キズが付いた・・・程度は事故車にはなりません。

事故車の問題点は、修理が困難な事です。事故車であっても、見た目は普通の中古車とほとんど変わらない程に修復されたものもあります。しかし内部の損傷によって、まっすぐ走りにくくなっている事もあるのです。例えば、ハンドルを真っ直ぐにして手を離すと、左右どちらかに徐々に曲がっていったりするのです。こうした車はいうまでもなく、新たな事故に繋がる危険性があるので買うべきではありません。

そして、耐久性が低下していて危険なのも、事故車の大きな問題点です。一度事故を起こした車は、しっかり修復出来たように見えていても、実際にはフレームなど屋台骨となるパーツにダメージが残っていて、脆くなっている場合があります。当然、再度事故が起きた際には車がより大きく損傷を受けて、搭乗者が重傷を受けるリスクも高いです。

何より、事故車は縁起が悪い事から敬遠される傾向にあります。仮に完璧な修復が出来ていたとしても「事故車だ」と言われれば、購入するドライバーは中々居ません。結果として中古車販売店も、事故車には20万円以下という激安価格を設定せざるを得ないのです。

激安中古車は「安物買いの銭失い」に?

また、修復歴がなかった場合でも、20万円以下の中古車は「水没車」の可能性もある事に注意すべきです。車には数多くの電子部品や金属パーツが組み込まれているので、水没歴があると様々なトラブルが発生する危険性が高いです。電気系統の異常、錆の侵食、悪臭の発生など、車に与える影響は大きいです。

そしてタチの悪い事に、水没した車でも「事故車」とは扱われないので、中古車販売店には購入者への通知義務が無いのです。ですから格安の中古車を買う際には、購入前には自身で臭いや錆をチェックして、水没車ではないかの確認をしておく事が重要です。

このように20万円以下の安すぎる中古車には、事故車や水没車など「いわくつき」である可能性が高いので、注意が必要です。販売店は車の修復歴を購入者に通知する事が定められているので、購入前にしっかりとチェックすれば、事故車を掴むリスクは避けられるでしょう。

20万円以下の中古車は危険なので注意!まとめ
・極端に安い中古車は事故に遭ったか水没した可能性が高い
・特に水没車は告知義務が無いので要注意!
・古すぎたり走行距離が20万キロ以上の車も問題あり

ちなみに、事故や水没などのトラブル歴がないにも関わらず、極端に安い車も一部あります。例えば、年式が古すぎる、走行距離が長すぎる、といった中古車は、何も問題が無くとも格安で販売されます。具体的には、生産中止から15年以上経過していたり、走行距離が20万キロを越えているような場合は、20万円以下の値段でたたき売られているケースもあります。

とはいえ、年式が古すぎる車は、製造メーカーにも部品の在庫が残っていなくて修理出来ない事も少なくありません。カローラやハイエースなどの有名車種なら、パーツ取り用の車も多く現存するので比較的安心ですが、マイナーな車種の場合は不具合が起きたら二度と乗れなくなる・・・というケースもありえます。ゆえに、事故車や水没車でない場合であっても、極端に安い中古車の購入は「安物買いの銭失い」になりかねないので、あまりお勧めできないのです。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.