WEB金融新聞

カーシェアリング各社の料金比較

HOME > 自動車とお金 > カーシェアリングの料金比較

近年は「若者の車離れが進んでいる」などとメディアが報じますが、一方でカーシェアリング市場はここ10年程で急激に拡大しています。カーシェアリングとは、不特定多数の人で車を共有する仕組みのサービスで、レンタカーよりも手続きが楽で割安なのがメリットです。車を借りられるステーションが全国各地にあるので、日常の買い物などで10分程度の短時間のレンタルも可能なのも魅力です。

そこで、日本でカーシェアリング事業を行っている「タイムズカープラス」「カレコ・カーシェアリングクラブ」「オリックスカーシェア」「アースカー」の大手4社の利用料金やサービス内容を比較し、どの会社が優れているのかを考えてみます。

まずは利用料金についてです。以下の表は、2016年11月時点の、各社の利用料金(最もベーシックなコースを選択した際の金額)の一覧です。最後の※金額例は、5時間レンタルして200km走行したと仮定した場合の費用です。

カーシェアリング各社の料金比較表
会社 初期費用 月額料金 時間料金 距離料金 ※金額例
タイムズカープラス 1550円 1030円 206円/15分(1時間824円) 0円 4120円
カレコ・カーシェアリングクラブ 0円 980円 130円/10分(1時間780円) 0円 3900円
オリックスカーシェア 1000円 2000円 200円/15分(1時間800円) 15円/1km 7000円
アースカー 1500円 0円 100円/15分(1時間400円) 8円/1km 2400円

初期費用というのは、車の解錠・施錠をするためのICカードの発行手数料です。カレコ・カーシェアリングクラブは、スマホのアプリで車をロック出来る仕組みがあるので、初期費用がかからないメリットがあります。オリックスカーシェアとアースカーは、ICカードを発行した場合は初期費用がかかりますが、PASMOやPiTaPaといった電子マネーをICカード代わりに使う事が可能なので、その場合は初期費用が不要です。

唯一、タイムズカープラスだけは初期費用が必須な点には注意すべきです。とはいえ、初期費用がかかるのは最初の一回だけなので、この金額差はあまり気にする必要はなさそうです。

次に月額料金(乗らなくても必ず払うお金)を比較すると、アースカーのみ0円になっている点がメリットです。ただし、それ以外の3社も月額料金を時間料金に充当出来るようになっているので、月に概ね2時間以上利用する場合は、どの会社でもほぼ差はないと考えられます。

時間あたりの料金については、タイムズ、カレコ、オリックスの3社はどれも1時間あたり800円前後と、それ程大きな差はありません。唯一、アースカーだけが400円と飛び抜けて安くなっていますが、後述する拠点数などのデメリットがあります。なお、カレコは平日プランも用意されており、こちらは80円/10分(1時間480円)とかなり安く設定されていますので、平日にしか運転しないという人にオススメです。

そして、アースカー及びオリックスは時間料金の他に距離料金がかかります(タイムズとカレコについても、パック料金や6時間以上利用した場合は距離料金が発生する)。つまり長距離を運転する場合は、アースカーやオリックスカーシェアの利用料金は大きく上がるという事です。

これらの点を踏まえ、5時間レンタルして200km走行した場合の料金を比較をすると、アースカーは2400円と圧倒的に安くなっています。アースカーは距離料金がかかるものの、その分時間料金が安いため、合計金額では最も安くなるケースが多いようです。

ただし、この料金はあくまでも一例です。利用時間や走行距離によって、どの会社がお得なのかは変わってきます。唯一オリックスが割高なのは確定してるように見えますが、各社はお得なサービスプランや期間限定の割引サービスを実施している場合もあり、上記表とは大きく違う料金になる事もあります。ですから、詳細な金額については、事前に各社のHPなどで確認しておく事を推奨します。

カーシェアリングの拠点数はタイムズが最多

次に、料金以外の面でも比較してみます。まずはステーション(拠点)及び車の保有台数です。カーシェアリングでは料金の安さだけでなく、レンタルできる場所が沢山あるのか?他の人が利用中で使えない可能性は?という面も重要です。いくらサービス料金が安くても、好きな時に利用できないのでは意味がないからです(データは2016年上半期時点のもの)。

会社 ステーション数 車の保有台数 進出地域
タイムズカープラス 約8000 約15000台 島根と佐賀を除いた全ての都道府県
カレコ・カーシェアリングクラブ 約1000 約1300台 東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、
岡山、沖縄
オリックスカーシェア 約1500 約2200台 東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城、
愛知、岐阜、三重、大阪、京都、
兵庫、滋賀、奈良、沖縄
アースカー 約250 約300台 北海道、宮城、東京、神奈川、千葉、
茨城、埼玉、愛知、静岡、 大阪、
京都、 兵庫、滋賀、奈良、和歌山、
広島、福岡、熊本

最多なのはタイムズカープラスで、他社に5倍以上もの差を付ける圧倒的なステーション数&保有台数の多さです。島根と佐賀以外の45都道府県にステーションが設置されているので、利便性は極めて高いです。タイムズカープラスのステーション数がこれだけ豊富なのは、タイムズの時間貸し駐車場の敷地を流用して、拠点を設けているためです。

オリックスカーシェアは東京・名古屋・大阪を中心に展開している会社です。ステーション数ではタイムズカープラスには及びませんが、特定の地域に集中しているため、住んでいる場所によってはタイムズカープラスよりもステーションが豊富で利用しやすい事もあるでしょう。アースカーはとにかく数が少ない事が問題です。

車種はアースカーが高級車や外車なども豊富

最後に各社の所有する車種の豊富さについても比較してみます。普段乗れないスポーツカーやオープンカーなどに乗ってみたい、と思う人も居るはずです。そんな人は車種ラインアップの多さを基準に選ぶのが良いでしょう。

会社 車種数 主な車種
タイムズカープラス 29 プリウス、アクア、フィット、N-BOX、
ノート、キューブ、ソリオ、スイフト
カレコ・カーシェアリングクラブ 45 キューブ、スバルXV、フリード、
メルセデス・ ベンツ、ロードスター、アウディ
オリックスカーシェア 19 プリウス、アクア、ヴィッツ、フィット、
スイフト、 ステップワゴン 、リーフ
アースカー 70 セレナ、エスティマ、ヴェルファイア、
ポルシェ、BMW、アルファロメオ

アースカーの車種は70と最も充実しています。ポルシェ・BMW・アルファロメオといった高級車もあり、ドライブ目的の利用者も多いようです。また、車椅子に対応したキャラバンやタントXなどの福祉車両も取り揃えているので、お年寄りがいる家庭でも安心して利用出来るのがメリットです。アースカーはフランチャイズ制になっており、オーナーの裁量で車両を取り揃えているため、これだけ車種が豊富になっているのです。

カレコ・カーシェアリングクラブも、アースカーには及ばないものの車種が多く、メルセデス・ベンツやロードスターといった高級車もラインアップされているのが魅力です。しかしどの会社でも、高級車や外車はレンタル金額が高い(別料金が必要)というデメリットもあります。

カーシェアリングの料金比較まとめ
・タイムズカープラスは国内でシェアが最大。拠点数が多く料金も安め
・カレコカーシェアリングクラブはベンツやロードスターなどの高級車のラインナップもあるのがメリット
・オリックスはデフォルトの料金が割高で、車種も限られている
・アースカーは利用料金が安く、高級車などのラインナップも豊富だが、拠点数が少なく利用し辛いのが問題点

このように、カーシェアリングサービスは各社それぞれにメリットがありますが、総合的にはタイムズカープラスが最も優れていると言えるでしょう。アースカーの料金の安さは魅力ですが、ステーション数が少なすぎて利用が困難というデメリットがあります。その点タイムズは、ステーション数の多さや保有台数で他社を圧倒しており、利用しやすさはダントツです。

とはいえ、タイムズが必ずしも自宅周辺にあるとは限らないので、各社のHPでチェックして、自分が最も利用しやすい会社を選ぶのが望ましいです。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.