WEB金融新聞

車購入とカーシェアやレンタカーやタクシーとの料金比較

HOME > 自動車とお金 > 車購入とカーシェア等との料金比較

車の売却価格は、軽自動車で20万円以上、ミニバンなら50万円以上もの差が出ます!
見積りはこちら ズバット車買取比較

近年、若者の車離れだとマスコミは報じますが、その反面カーシェアリングの利用者数は年々増加傾向にあります。公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のデータによると、2000年代のカーシェアリング会員数は数百〜数千人に止まっていましたが、2010年あたりから急激に伸び始め、2016年1月時点で84万人を突破しているとの事です。

自動車を借りるという点ではレンタカーに似ていますが、カーシェアリングは10分や15分といった短期間のレンタルにも対応している点が特徴です。最近では、車を購入せずに必要な時だけカーシェアリングを利用するライフスタイルも定着しつつあります。確かに、頻繁に車を運転しない人ならば、レンタカーやカーシェアにした方が料金が安く済む気がしますよね。

では、実際にカーシェアの維持費(ランニングコスト)はどの程度の料金になり、車を購入するの場合と比較して得なのか?損益分岐点はどの程度の走行距離なのか?またレンタカーやタクシーとの比較はどうなのか?調べてみました。車購入の条件は以下です。

車種はトヨタのアクアL
・自動車ローンは組まない(現金払い。約176万円)
・保険料は20等級でディーラー任せ。車検もディーラー任せ
・駐車場代は月額1万円
・メンテナンス費は年1万円
・ガソリン代や高速道路の利用料金は比較条件に含めない
以上で10年間乗り続ける事を前提にした1年分の費用を計算

購入・カーシェア・レンタカーのランニングコストは以下の通りです。

<アクアLの購入時の費用(1年あたり)>
車両価格:約17.6万円
自動車保険:約8万円
自動車税:約3.5万円
車検代:約8万円
駐車場代:12万円
メンテナンス費:1万円
合計:約38万円

<レンタカーの費用>
トヨタレンタリース アクアL 6時間:6480円

<カーシェアリング>
タイムズカープラス アクアL 15分:206円(※注

※注;タイムズカープラスでは、月額基本料金が1030円(個人プラン)かかりますが、毎月1030円の無料利用分が付いているので、月に1時間以上乗車すれば実質的に月額基本料金はかかりません。ゆえに、ここでは計算に含めていません。

 

利用頻度と時間が少ないほどカーシェアやタクシー利用が有利

例えば、祖父(祖母)を病院に連れて行くケースを想定し、週1回6時間利用した場合の年間料金を比較してみます。

例1;週1回6時間利用した場合

・車を購入した場合の年間費用=約38万円
・レンタカー利用時は、6480円×52週=約34万円
・カーシェアリングは1時間824円⇒6時間で4944円⇒52週で約26万円

つまり、週1回程度の利用頻度ならば、車を購入した場合よりもカーシェアリングを選択した方が年間10万円以上得をする計算になります。なお一時間当たりの料金は『カーシェアリング < レンタカー』なので、基本的にレンタカーを選択する事で最も安くなるケースは存在しません。

しかしこの程度の利用なら、カーシェアリングよりも毎回タクシーを呼んだ方が安いケースも多くなるはずです。カーシェアが1回当たり5千円なので、病院まで片道2500円以内の距離ならタクシーが最も安いという訳です。

他の例として、週に数日、買い物などで3時間程度利用した場合の損益分岐点を考えてみます。

例2;1日3時間を週に数回利用する場合

・車を購入した場合の年間費用=約38万円
・レンタカーは論外なので省略
・カーシェアを3時間利用=2472円、 週三回なら年間約38万円

車を購入した場合は年間費用に変化はないので約38万円です。一方でカーシェアリングを3時間利用する場合は2472円なので、週に1回だと年間で約12万8千円、週2回は25万6千円、週3回で38万4千円です。つまり、3時間×週3回程度の利用で、車を購入した場合とカーシェアリングの年間の料金はほぼ同じになります。

そしてタクシーですが、要は往復で2400円以内の距離であるなら、最も有利になります。近場で短時間の買い物のみなら、その都度タクシーを呼ぶ方が、カーシェアよりもコスパが良くなります。但し毎日のように利用するなら、車購入の方が安いです。タクシーは最低でも一日1400円程度(初乗り料金×往復)が掛かるので、週五回乗れば年間36万円となり、それ以上使うならどんな近場でも車購入が最も安くなります。

もう一つ注意点は、タクシーを指定場所に呼ぶ際には、送迎料金が必要な場合もあります。地域やタクシー会社によって異なりますが、概ね400円〜初乗り運賃程度が平均的です。

車購入とカーシェアやタクシー等との料金比較まとめ
・利用頻度と時間や距離で、どれが有利かは変わる
・毎日のように乗るなら、車購入が最もコスパが良い
・週5日未満なら、カーシェアやタクシーの方が安くなる事が多い。基本的に近場ならタクシーが、遠出ならカーシェアが有利
・レンタカーが如何なる比較でも最安にはならない

なおガソリン代については、カーシェアリングやタクシーでは不要(料金に含まれている)なので、厳密な損益分岐点は車購入がもう少し不利になります。ですがガソリン代は距離によって変わる上に、下記に記すように利便性やプライバシー確保などの面では自家用車が最強なので、ガソリン代の不利は相殺できるのでは?と考えて、あえて計算から省いています。

※カーシェアの場合は、ステーションまでの往復(借りる〜返却)の手間や、希望する時間に空車がない可能性もある、といったデメリットがあります。タクシーには、呼んでもすぐに来るとは限らないので、待ち時間が発生する点がデメリットです。

カーシェアリングのサービス料金は落ち着いており、当面は大きく変わらないと思われます。但し今後は、配車アプリ『UBER(ウーバー)』のサービスが普及すれば、車のコスパに更なる革命が起きるかも知れません。特に、自家用車を使ったカーシェアの「Uber Pop」が認められれば、タクシーや既存のカーシェアリングよりも更に低コストで便利なサービスとなるでしょう。

ただし、残念ながらウーバーのような新規の旅客サービスは、タクシー業界の猛反発があるので日本では当面認可されないと思われますが・・・。

やらなきゃ絶対に損!車買取の一括見積り



車の売却価格は、ミニバンなら最大50万円以上、軽自動車でも20万円以上差が出ることもあります! ズバット 車買取というサービスなら、1回の入力だけで各社の相見積りを取れるので、とても便利です。

↓査定はこちらから↓
《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.