WEB金融新聞

残価設定ローンの仕組みと注意点

HOME > 自動車とお金 > 残価設定ローンの仕組みと注意点

車を購入する際、自動車ローンを組んで購入する人は多いです。車のローンには、通常の自動車ローン以外に「残価設定ローン」という制度もあります。残価設定ローンとは、新車購入時の3〜5年後の下取り保証価格(残価)を最初から差し引いて、残りの金額をローンで支払うという仕組みのプランです。

新車の販売価格が200万円で、5年後の下取り価格が80万円だったケースで考えてみます。この場合、5年後に車を手放すという前提で、120万円分のローンを組みます。つまり、5年間で元本120万円と金利を支払って、残りの80万円分は車を売却する事で賄い、200万円の車を5年間乗り続けるというのが、残価設定ローンの仕組みです。

もし途中で5年後以降も車に乗り続けたいと思った場合も、残価の80万円を一括で支払う、あるいは80万円分更にローンを組む事で、それが可能になります。

残価設定ローンのメリットは、通常のローンと比べて月々の支払額が減る事です。ゆえに、収入が少ない人でも自動車を買えますし、お金がある人も本来の予算よりワンランク上の車を買う事も出来ます。

一方で、残価設定ローンにはいくつかの注意点もあり、その一つが走行距離に制限が設けられている事です(5年間で6万km以内など)。これを超過すると、1km当たり5〜15円程度の追加料金の支払いが必要になります。日常で長距離を運転する人は、残価設定ローンに向いていないかもしれません。

また、下取り額は決して保証されている訳ではない事も注意点です。残価設定ローンでは、契約時にディーラーが車の下取り額を決定しますが、これはあくまでその時点で仮に設定した金額であり、5年後に再度査定が行われます。上記のように走行距離の制限を超過していた場合や、車体にキズが付いていた時などは減額の対象となります。そのため、最初に想定していたよりも残価が少なくなるリスクがあります。

ローンの金利は残価も含めた総額に掛かる

そして、残価設定ローン最大の注意点は、実は残価にも金利がかかってくる事です。上記の例で言うと、ローンは120万円分に見えますが、実際は残価の80万円も含めた200万円全てに金利がかかります。つまり元本である120万円の返済と、残価を含めた200万円に対する金利が、支払総額になります。言い換えると、残価は単に最後まで返済を先延ばしているだけに過ぎません。

残価設定ローンの仕組み

通常、ローンの利息は借金の残り金額を基に計算されるので、返済し続ける事で支払い額は減っていきます(実際は一ヶ月毎の返済額が均等になる仕組みなので、利息が減っている実感は薄いですが)。一方、残価設定ローンは残価分が最後まで減らない=常に80万円分の金利が上乗せされる事になるので、5年後以降も乗り続けるケースだと、支払い総額では通常のローン(5年で200万円返済)よりも多くなるので注意が必要です。

残価設定ローンの仕組みと注意点まとめ
・月々の返済額が少なく済むので、予算より高い車も買えるのがメリット
・走行距離制限の超過等で、残価が当初の想定を下回るリスクがある
・残価にも金利がかかる点は要注意

このように、残価設定ローンは一見安上がりなように見えて、乗り続けた場合にはむしろ支払額は増えるので注意すべきです。とはいえ、毎月のローン返済額が減るのは確かなので、頻繁に車を乗り換える飽き性な人にはメリットの多い方法だと言えます。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.