WEB金融新聞

自動車の任意保険に入らないでも大丈夫か?

HOME > 自動車とお金 > 自動車の任意保険に入らないでも大丈夫か?

自動車の所有者は全て、自賠責保険への加入が義務付けられています。一方、自賠責保険以外にも民間の任意保険があります。任意保険は、その名の通り車の所有者が任意で加入する保険なので、未加入でも法律的には問題はありません。

では、任意保険に入らないでも大丈夫なのでしょうか?結論から言うと、任意保険の未加入は絶対にやめておくべきです!!任意保険未加入を推奨しない理由は、自賠責保険は最低限の補償しか出来ないためです。

例えば死亡事故を起こしてしまった場合、被害者遺族への賠償金額は1億円を超える事もあるので、とても自賠責保険だけでは賄い切れません(死亡事故の自賠責の上限は3千万円)。基本的に若者ほど賠償額は大きくなり、日本の運転死亡事故における過去最高の賠償金額は、2011年11月に横浜地裁で判決が下された約5億円です。これは極端な例としても、自賠責保険だけでは事故の補償対応が不十分である事は間違いありません。

加えて自賠責保険は、人身事故が起きた際の被害者救済を目的とした保険制度です。自賠責保険の補償は、基本的に事故が起きた場合の「相手」及び「同乗者」に限られ、物損事故や自分自身のケガには適用されません。

どんなに安全運転な人でも、他の車や歩行者などの影響で二次的な事故が起きる可能性もありますし、日本ではどんなに歩行者が悪くても、基本的にドライバーの責任と見なされます。ですから、任意保険の未加入は極めてリスクが高く、絶対に止めておくべきです。

自動車任意保険の加入率推移グラフ

しかしながら、日本における任意保険の加入率はそれ程高くないのが実情です。上記グラフは、2005年から10年間の任意保険の加入率の推移です(データソースは日本損害保険協会)。

任意保険には、「対人賠償保険」・「対物賠償保険」・「車両保険」などいくつかの種類があります。まず対人賠償保険は、相手にケガを負わせてしまった場合や死亡させてしまった場合に、自賠責保険の補償額を超えた金額が補償される保険です。

対物賠償保険は、他人の財産に対する補償が受けられる制度です。相手の車にぶつけてキズ付けてしまった場合や、他人の家に突っ込んでブロック塀を破壊してしまった場合などが該当します。任意保険に加入する場合、この対人・対物保険への加入は必須です。

そして車両保険は、事故が起きた際の自分自身の車を補償する制度です。対物賠償保険はあくまでも他人の財産を補償する制度なので、自分の車の補償を受ける場合は、車両保険への加入が必要となります。車両保険は車の価値に比例するので、高級車ほど保険料は高いです。また新車の時が最も保険料が高額で、年数が経つほど安くなっていきます。

任意保険は大阪の加入率が高く、沖縄が最も低い

対人・対物保険はわずかに上昇傾向があるものの、概ね70%強で横ばいが続いています。1億円以上もの賠償が必要になるリスクがある事を考えると、この加入率の低さは驚愕です。搭乗者傷害保険に至っては、以前は加入率が6割近くあったものの、近年は3割強にまで減少しています。日本の運転者は、もう少し任意保険の重要性を認識すべきではないでしょうか。

自動車の任意保険に入らないでも大丈夫か?まとめ
・任意保険は自賠責と違い法律上は加入義務が無い
・ただし任意保険未加入だと事故の賠償金が払えない可能性あり!
・自賠責は人身事故のみ対応なので任意保険にも絶対に入るべき!

ちなみに、2015年3月末時の任意保険加入率を都道府県別に見た場合、大阪府の加入率が最も高いです(対人82.2%、対物82.4%、搭乗者傷害39.7%、全てが全国トップ)。多くの人が抱いている「大阪人はお金にシビア」というイメージからすると、この任意保険加入率の高さは意外に感じられるでしょう。アンケート結果などが無いため明確な原因は不明ですが、大阪は運転が荒い人も、また信号を守らない歩行者や自転車も多いので、ドライバーの事故に対するリスク意識が高い事が理由だと思われます。

なお、対人・対物保険の加入率が最も低いのは沖縄県(共に53.3%)です。大阪に比べると3分の2以下の加入率です。沖縄は一人当たりの県民所得が全国最低(※注)なので、お金がないから任意保険の加入率が低いのでしょう。沖縄では一切鉄道が走っていないゆえに、長距離の移動手段は車しかないにも関わらず、これだけ任意保険の加入率が低いのは問題ではないでしょうか。

※注;沖縄の県民所得は低く偽装されているという情報もありますが(沖縄県、県民所得をわざと低く計算していた疑惑|保守速報)、本題からずれるため詳細は省きます。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.