WEB金融新聞

頭金無しで自動車ローンを組むデメリット

HOME > 自動車とお金 > 自動車ローンを頭金無しで組むデメリット

車の売却価格は、軽自動車で20万円以上、ミニバンなら50万円以上もの差が出ます!
見積りはこちら ズバット車買取比較

自動車をローンで購入する場合、最初に車両価格の2〜3割程度を頭金として納めるのが一般的です。例えば200万円の自動車をローンを組んで購入するならば、頭金は概ね40万円〜60万円が必要です。しかし、実は頭金無しでローンを組む事も可能で、この方法をフルローンと言います。フルローンは最初にまとまったお金が必要ないので、あまり金銭的な余裕がない人でも自動車を購入しやすい点や、自己資金を温存しておけるメリットがあります。

★関連ページ;自動車ローンの金利を安くする方法

一方で、フルローンを組む事にはデメリットも多いです。その一つが、審査に通りにくい事です。通常のローンで頭金を支払うのは、本人の信用を示す事に繋がります。その点、頭金無しのフルローンの場合は返済能力が保証されていないので、金融機関も審査を厳しくせざるを得ないのです。また、返済総額が多くなる事(後述)も、フルローンの審査が厳しい理由の一つです。

他に、返済総額(=毎月の返済額)が多くなる点もデメリットです。上記の200万円の自動車を購入する場合、通常のローンだと頭金で50万円程度支払うので、残りの約150万円に金利が掛かります。それに対し、フルローンは200万円に丸々金利が掛かるので、その分毎月の返済額が増え、結果として支払い総額も多くなるのです。

例えば、金利が4%で5年払いのローンで考えてみます。

150万円のローンを組んだ場合、毎月の支払いは約27000円なので、5年で約165万円、頭金の50万円と合わせて返済総額は約215万円となります。一方200万円のフルローンの場合は、毎月の支払いが約36000円で、総額は約220万円です。つまり、フルローンの方が総額で5万円程度多く支払う必要が生じるのです。金利が高いほど、また返済期間が長いほど、この差は大きくなり、頭金無しの方が余計にお金を払うことになります。

フルローンの方が返済は厳しい

そして、フルローンの方が金利が高くなるというデメリットもあります。多くの金融機関では、通常のローンよりもフルローンの方が金利が高く設定されています。自動車のような高額な物を購入する場合、金利1%の違いでも総額では5万〜10万円もの差がつきます。前述の例で金利が4%から5%になった場合、総額は約220万円から226万円にまで増加します。

一見するとフルローンは、お金が無い人でも自動車を買いやすい制度のように見えます。しかし実際は、通常のローンを組むよりも支払い総額は多くなるので、むしろ返済が厳しい制度であり、収入が少ない人ほど注意が必要です。

頭金すら用意出来ない資金力なら、自分が望むより安いグレードの自動車で妥協すべきでしょう。あるいは値段の安い中古車にも視野を広げるべきです(⇒新車と中古車はどちらを選ぶべき?両者のデメリット比較)。

頭金無しで自動車ローンを組むデメリットまとめ
・頭金無しのフルローンは審査が厳しくなる
・月々の返済額も多いので、支払総額も高くなる
・通常のローンよりも金利が高い事にも注意が必要

ちなみに、ローンの繰り上げ返済は「ノーリスクで確実な利益が得られる」という意味で、最強の運用方法です。逆に、頭金を用意するお金はあるが、少しでも多く資産運用に回したいからと、フルローンで車や家を買う行為は、経済学的には間違っています。運用という不確実な利益を求めるより、確実に借金を減らすことを優先するのが正解です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.