WEB金融新聞

納車時に注意すべき事と不備があった場合の対処方法

HOME > 自動車とお金 > 納車時に注意すべき事

車の納車時には、いくつかチェックすべき点があります。新車に初めて乗る時はテンションが上がっていて、中々平常心ではいられないかもしれませんが、ここで確認を怠ると後々トラブルに発展する事もあるので注意が必要です。

まずは、車のグレード、ボディのカラー、オプション品などをチェックし、本当に自分が選んだ車が間違いなく納車されて来たのか確認すべきです。特に、納車時はオプションに関するトラブルが多い傾向があるので、念入りに確認しておく事が重要です。もし、何らかの問題や不備があった場合は、すぐにディーラーに指摘して納車は一旦拒否すべきです。一度納車を完了させてしまうと、そこで商取引が完了した事になり、後々クレームを入れても通用しなくなります。

他にも、ドア、トランク、ボンネットなどがスムーズに開閉出来るかという点や、ライト、ウインカー、ワイパーの動作確認、エンジンやブレーキに問題がないかなど、慎重にチェックをすべきです。繰り返しになりますが、チェックの際に不備があった場合は、絶対にその場での車の受け取りは避けましょう。

車体にキズやへこみが付いていないかチェックする事も重要です。家電製品を購入する場合は、箱に入っていたり、クッション材で保護されているので、商品が傷付いている可能性は低いですが、車は搬送時からボディーがむき出しの状態ですから、車体に細かなキズが付いている可能性は十分考えられます。

最も重要な事は、その場でしっかり自分の目でキズの有無を確認する事です。一度車を受け取ってしまった場合、後日キズに気が付いてディーラーにクレームを入れたとしても、そのキズがいつ付いたかを証明するのは困難であり、無償での対応はしてもらえない可能性が高いです。

不備に対する「お詫び」はオプション品の贈呈が一般的だが・・・

注意すべき点は、夜間は暗くて確認し辛いので、細かなキズを見逃してしまいがちな事です。ゆえに、出来る限り昼間に納車する事がポイントです。更に言うと、休日は多くの人が納車を希望するので、担当者一人あたりの対応時間は短くなってしまい、十分なやりとりが出来ない事もあり得ます。ですから万全を期するならば、納車は平日の昼間を選択するのが望ましいです。

納車時に注意する事まとめ
・車のカラーやオプション、キズの有無などを確認する
・間違いや不備があった場合はその場で指摘し、一旦納車を拒否すべき
・夜ではなく昼間に納車する方がチェックしやすい

車は納車されて来た時点で、既に新品では無くなっており、会計学上も減価償却が始まっています。ですから、納車時に何か不備があった場合、他の車と交換する事はディーラー側は絶対にやりたがりません。納車時にディーラー側に不備があった場合には、相応のオプション品を贈呈する事で「手打ち」するという対応が一般的です。

責任はディーラー側にあるにも関わらず、多少のオプション品を付けるだけで済まされる事には納得がいかないかもしれませんが、軽度の不備はそれで妥協して受け入れるしかないです。とはいえ、不備が修繕できるもの(ボディにキズやへこみがあるなど)ならば、費用をディーラー側持ちで修理させるといった事は可能かもしれません。泣き寝入りするのではなく、かといって無理にごねるのでもなく、上手い落としどころを探って交渉する事が重要です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.