WEB金融新聞

ガリバーの評判が悪いのは本当か?

HOME > 自動車とお金 > ガリバーの評判が悪いのは本当か?

車の売却価格は、軽自動車で20万円以上、ミニバンなら50万円以上もの差が出ます!
見積りはこちら ズバット車買取比較

中古車販売業者として、日本最大手であるガリバー。しかし業界No1の割には、ネットでの口コミでは悪い評価が多いです。はたして、この評判の悪さは本当なのでしょうか?

ガリバーは中古車販売の最大手ですから、カーチスやT-UPなどの他の業者と比べて客数は格段に多いです。仮に、ガリバーに不満を感じた客がわずか1%しかいなかったとしても、絶対数が多いだけにその分悪い評判も多くなります。基本的に、ネットでは良い評判よりも悪い評判の方が圧倒的に目立つので、結果としてガリバーが悪いという口コミが広まる事になっているのでしょう。こうした口コミで大手の悪評が目立つのは、何も中古車販売店に限った話ではなく、飲食店や引越し会社など、大くの業界で当てはまっている事です。

ただし、ガリバーに全く問題がないとは言い切れません。例えば車を売却する場合、見積もりをガリバーのみに依頼すると、足元を見られて買取り査定はかなり低くなります。ゆえに、見積もり時は同時に複数の業者に依頼する、相見積もりにしておくのが望ましいです。一社査定だと安い買取り価格を提示してくるのはどこの中古車販売店でも同じでしょうが、ガリバーは最大手だけに強気で、他の業者よりも安い値段であるケースが多いので、注意が必要です。

そして、ガリバーの評判が悪い最大の理由が「クレームガード保証」です。ガリバーでは、一旦車の売却が完了しても、その後3ヶ月以内に重大な不具合が見つかった場合、売却した客に修理費用を請求(場合によっては返品)が出来る契約になっています。クレームガード保証は、ガリバーにあらかじめ一定の保証金(売却価格によって5000円〜20000円程度)を納めておく事で、追加の修理代金を請求される事がなくなるという制度です。

車の買取り査定はおよそ30分程度なので、この短い時間で全てをチェックする事は難しいです。とはいえ、買取り査定のプロであるガリバーが不具合を見抜けなかったのであれば、その修理費用はガリバー自身が負担するのが筋です。査定ミスを客に責任転嫁しているようなものなので、悪い口コミが広まるのも当然と言えます。実際、こうした保証制度を設けている買取り業者は、ガリバーとビッグモーター(業界第二位)の2社だけです。

 

クレームガード保証が評判の悪い最大の理由

民法では瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)という制度があり、商品の売買後に想定外の欠陥や損傷などが発覚した場合は、買主は売主に対して相当の損害賠償請求や契約の解除をする事が出来ると定められています。ですから、ガリバー(やビッグモーター)のやり方は法律に違反しているわけではないです。それでも、業界1位と2位の会社が揃ってあくどい商売を行っているというのは、非難されても仕方ありません。

なお、過去に事故歴などがなければ、後に重要な不具合が発見される可能性は低いので、わざわざクレームガード保証に入る必要はないはずです。もし、自身で欠陥がある事がわかっているならば、査定前にあらかじめ申告しておけば、後々トラブルになる事も無い訳です。

ガリバーの評判が悪いのは本当か?まとめ
・ガリバーは業界最大手なので、口コミの数も多く悪評が目立つ
・買取り査定は相見積もりしないと買い叩かれる場合がある
・クレームガード保証は客の不満が大きい

ちなみに、オリコン社が2016年に約8000人を対象に行った、車買取会社の満足度についてのアンケートでは、ガリバーは74.28点で8位でした。口コミを全て鵜呑みにするのは禁物ですが、かといってガリバーの評判が悪いのは的外れではない、とも言えるでしょう。

いずれにせよ、車の買取は1社だけにせず、ネットで複数社から見積りを取る事が最も重要です。それでガリバーが最高値を提示しても、クレームガード保証を加味した買取価格に直して、改めて比較してみれば良いのです。

やらなきゃ絶対に損!車買取の一括見積り



車の売却価格は、ミニバンなら最大50万円以上、軽自動車でも20万円以上差が出ることもあります! ズバット 車買取というサービスなら、1回の入力だけで各社の相見積りを取れるので、とても便利です。

↓査定はこちらから↓
《ズバット車買取比較》最大10社無料一括査定

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.