自動車保険の等級について 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > 保険の基礎知識 > 自動車〃の等級とは

自動車保険の等級とは

自動車保険には「等級」という独特の制度が設けられています。等級とは、正式名称『ノンフリート等級』といい、運転者の自動車保険加入歴と事故回数を比べて計数化した数値の事で、この数値が上がるほど自動車保険の支払い料金の割引率が上がります。

初めて自動車保険に加入した時は6等級から始まり、一年間無事故で過ごせば等級が一つ上がり、支払い料金が割り引かれます。最高で20等級まで上がり、その時は自動車保険料は60パーセントも割引きになるのです!事故を起こさず安全運転を心がければ、年間数万円分は節約できる事になります。6年ほど無事故で通すだけで料金は半額になるのですから、安全運転者には嬉しい制度です。

割引率は保険会社によって若干変わってきますが、概ね右の表のようになります。 もし1〜3等級まで下げてしまえば、逆に保険料は大幅に割増させられます(契約してもらえないケースもあります)。


 
等級 割引率(%)

保険を使わなければ等級は下がらない

事故を起こしてしまえば、基本的に事故一度に付き3等級ずつ下がります。但し盗難や台風等の水害、いたずらを受けた等での支払いの場合は、等級は下がりません。このようなケースでは、前年度の等級を翌年も引き継ぐことになります。

誤解しないでおきたいのは、等級が下がるのは「事故を起こした事」によってではなく、「事故を起こして保険を使った場合」だということです。つまり、軽い自損事故などの場合は、自動車保険を使わずに自腹で補填した方が、後々の料金値上がりを考慮した場合よりも安く済む事もありえるのです。自動車保険を使う時は、事故の程度と保険の値上がり料金を天秤に掛けて、よく考えてから利用を決めましょう。

会社を変えても等級は引き継がれる(リセットされない)

ちなみに、保険会社を乗り変えたとしても、運転者の持っていた等級は引き継がれます。つまり「事故を起こして6等級以下に下がったら、保険会社を変えてもう一度6等級からにリセットしよう」なんて虫の良いことは出来ません。消費者金融やクレジットカード会社がユーザーの与信情報を共有しているのと同様に、保険会社もユーザーの等級情報を共有しており、不正を防止しているのです。

逆に優良運転者の場合は、会社を変えると支払い料が安く済むケースが多々ありますので、積極的に自動車保険の乗り換えを考えると良いでしょう。一度ネットで無料見積もりして、どの位安くなるのか見てみることをお奨めします。

保険スクエアbang!〜 自動車保険一括見積り
チューリッヒや三井ダイレクト損保、ソニー損保や全労済など、ネット上で最大15社からの自動車保険料の一括見積もりを無料で行えます。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
 
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.