クレジットカードの基礎知識 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOMEお金を借りるクレジットカードの基礎知識

クレジットカードの基礎知識

クレジットカードを持つのには、単に「財布に小銭が不要になる」といった単純な事が目的ではありません。クレジットカードがあれば、銀行の残高が無くとも、買い物が出来てしまいます。買い物をした時点で全くの文無し状態でも、クレジットカードの現金引き落とし日までは、とりあえず買い物が出来てしまいます。クレジットカードさえあれば、給料日まで待たなくとも、好きな物を買う事が出来るのです! つまり、クレジットカードには『給料の前借りが出来る』といった機能が標準付属しているようなものです!

給料日前にいつも金欠になると言う人は、クレジットカードを1枚持っておくことをオススメします。

クレジットカードは保障が付くので、現金よりも安全!

日本では『クレジットカードは恐い=現金の方が安心』という風潮がありますが、はっきり言ってそれは間違いです。現金は盗難や紛失すれば『全損=何の保障も無い』訳ですが、クレジットカードの場合は落としたり盗まれたとしても、カード会社に紛失を届け出れば、損失を補填してもらえます。

現に欧米では、日常の買い物でクレジットカードを利用する事は当たり前の話で、むしろ現金で買い物をする方が珍しいのです。アメリカでは 100 ドル札が使用される場面など滅多にないと言います。現金払いのほうが店員に嫌がられる場合すらあります。日本とは全く逆ですが、世界的には(少なくとも先進国では)カード支払いの方が主流なのです。

クレジットカードは誰でも作れるの?

基本的に、定期的に収入がある人ならば、クレジットカードを作ってもらえます。「自営業者やフリーランスはクレジットカードを作れない」なんて噂をよく耳にしますが、決してそんな訳ではありません。銀行に定期的に報酬が振り込まれていることを示せば、自営業者やフリーランスでもクレジットカードを作ってもらえます(無論カード会社や、その人の収入金額によります)。審査が無いクレジットカードとして、デビットカードというものもあります。

また「自己破産者はクレジットカードを作れない」という話もあります。確かに破産申請後数年間は、クレジットカードを作れなくなります。しかしその後、しっかりと仕事して収入を得ているという実績を作れば、再びクレジットカードを作ってもらえるようになるようです。自己破産の経験のある人も、決して悲観的にならないで下さい。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
 
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る


 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.