クレジットカードの仕組み 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOMEお金を借りるクレジットカードの仕組み

クレジットカードの仕組み(システム)

クレジットカード会社って、どのように儲けているのでしょうか?ここでは意外に知られていないクレジットカードの決済システムを紹介します。

クレジットカード会社の収益源は、主に『分割払い時の利息(手数料)』と『加盟店手数料』です。消費者(カードユーザー)が代金を支払う時は、一括払い・分割払い・リボ払いなどがあることはご存知ですよね。このうち、分割払いやリボ払いの場合は、商品代金に加えて「手数料(利息)」を付けてカード会社に支払うシステムになっています。この手数料がクレジットカード会社の収益になります。

それに加えてクレジットカード会社は、カード決済システムを導入している販売加盟店から、販売手数料を得られるシステムになっています。概ね商品販売代金の3〜5%が、販売店からクレジットカード会社に支払われます。

クレジットカードの仕組み

クレジットカード決済〜お店側のメリットは?

逆にいえば、販売店はお客にクレジットカードで支払いされると、販売利益が減る事になります。当然、カード決済システム(機械)の導入コストも掛かります。

またカード支払いは、レジ処理に時間が掛かるので、店員にとっても他のお客にとっても迷惑なものですよね。最近では、カード犯罪に対する防犯処理の必要性も高まっていますし、「個人情報保護法」の成立によってカード支払い客の個人情報扱いにも気を使わねばならなくなりました。

それでもお店側がカード決済を導入する訳は、クレジットカード支払いシステムを備えている事は、一種の顧客サービスなのです。もしカード支払いが出来なければ、カード支払いがメインな顧客を逃してしまう事になります。特に大規模店舗なら、カード支払いを備えている事はもはや当たり前の時代ですから、お店にとっては光熱費や人件費と同様の、必要不可欠な「販売コスト」だという認識になっています。

欧米諸国のようにクレジットカード支払いが日常生活でも主流になると、お店にとっては現金扱いが減るメリットも出てきます。欧米のようにほとんどの客がカード支払いになれば、お店側は釣り銭不足に悩まされる心配や、強盗に入られるリスクも減ります。日本もいずれそのような時代が来るやも知れません。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
 
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.