クレジットカード作成の裏技 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOMEお金を借りるクレカを確実に作る

クレジットカードを確実に作る方法

クレジットカードを作る際には、運営会社の審査があります。審査では申し込み者の職業を調べたり、信用情報機関で過去の借り入れ履歴を調べたりされます。そして自営業者・フリーランス・パートや派遣社員・フリーターの人など、社会的信用が低い人ほど、カード作成を拒否される可能性が高まります。

しかし今の世の中、クレジットカードの一枚くらいは持っていないと、何かと不便ですし世間体的にも恥ずかしいものがありますよね。こういった不利な状況な人たちでも、クレジットカードを確実に作れる裏技がひとつ存在します。

裏技は二つあり一つ目は審査が無いクレジットカードを申し込むこと。もう一つは、カード会社の入会キャンペーンを利用するのです。

土日祝日など、家電量販店やショッピングモール、都心の大型の書店などで、クレジットカードの入会キャンペーンをしている所、誰でも一度は見かけたことがあるかと思います。制服やジャンパーを着た若いお姉さんが、来店者に片っ端から「入会キャンペーン行ってま〜す♪」と勧誘の声をかけてますよね。あれを利用するのです。

入会キャンペーンは、各クレジットカード会社が顧客獲得に力を入れている証拠です。カード会社にもノルマがありますし、特に3〜4月の新年度シーズンは、新規顧客獲得のチャンスですので、頻繁に入会キャンペーンを行っています。

キャンペーン(勧誘)によるカード作成

そして勧誘による申し込みは、作成の審査が確実に甘いのです。キャンペーン勧誘時期は、カード会社は一人でも多く入会者を獲得したいがゆえに、通常の審査よりも甘く、カードを作りやすいのです。通常は「収入が不安定だ」ということで拒否されやすい自営業者・フリーランス・派遣社員の人なども、この時期ならカードを作りやすいです(それでも作れない人は、フリーランスがクレジットカードを作れる方法を参照下さい)。

勧誘のお姉さんと話する段階で、向こうは最低限の「足切り」をしていますが、申込書を作成して提出する段階まで行けば、ほぼ確実にクレジットカードを発行してもらえるはずです(過去に他のカード・消費者金融などで支払い延滞を起こした人などは別ですが)。

また、銀行に定期預金を作っていると、その銀行系のクレジットカードを作りやすいです。銀行としては、定期預金がある意味担保として取れるので、安心だということでしょう。定期預金を作ると同時に、その場で行員に「クレジットカードも作りたい」と切り出すと、成功率が高まるようです。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
 
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.