給料を前借りする方法 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を借りる > 給料を前借りできる方法

確実に給料を前借りできる裏技

月末にはいつも金欠・・・そんな人、多いのでは? 何とか給料を前借りする方法は無いのでしょうか??

実は、どんな会社に勤めていようが関係なく、絶対確実に給料を前借り出来る裏技があります。それは『給料日前にお金が必要な時は、消費者金融から借りる』という方法です。

消費者金融(サラ金)と聞いて、皆さんはどういう印象をお持ちでしょうか?「高金利」「自己破産」など、怖いイメージを持つ人が多いと思います。しかし、消費者金融も使い方次第では生活を助けてくれる強い味方になるのです!

消費者金融で借金する時怖いのは、その利息の高さですよね。ですから、もし利息が不要なら、安心してお金を借りられますよね。そこでノーローンなどの消費者金融を利用します。一週間以内に返済すれば、利息が一切掛かりません。

つまり、給料日前に金欠な時は、ノーローンでお金を借りて凌げば良いのです。給料が入ってすぐに返済すれば、利息は掛かりません。この方法を使えば、給料を前借り出来たのと同じことになります。

他にも無利息期間が10日間と長いユアーズや、学生の人でも10日間無利息で借りられるガクユー、女性限定で何と30日間も無利息期間があるレディースローンなんて会社もあります。

 

消費者金融は節約にも使える!

さらに消費者金融を使った裏技もあります。銀行で18時以降にお金を引き出すと「時間外手数料」として、一回に付き105円とか210円とかを取られますよね。自分のお金を引き出すだけなのに、毎回手数料を取られていたら、いつまで経っても貧乏生活から抜け出せません。

18時以降にお金が必要な時は、NO LOANからお金を借りた方が、銀行でお金を下ろすよりも安上がりになるのです!翌日、銀行の手数料不要な時間にお金を引き出してノーローンに返済すれば良いだけの事です。自分のお金を使うよりも、借金した方が節約できるという、信じ難い珍事が起こるのです!

確実に期日に返済すれば、何も恐れる事はありません。せっかく無利息でお金を貸してくれるのですから、消費者金融も上手に使えば、家計の強力な味方となってくれます。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
 
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.