自動車ローンの審査される内容 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を借りる > 自動車ローンの審査内容

自動車ローンの審査内容

自動車を購入する際、ローンを組む人が多いと思います。自動車ローンは、消費者金融やカードローンなどに比べると、審査に通りやすいのが一般的です。しかし中には、自動車ローンの審査に落ちてしまう人も居るようですので、どういった内容が審査されているのか、考えてみましょう。

※関連ページ;自動車ローンの金利を安くする方法

まず自動車ローンには大きく分けて、ディーラーの奨めるローンに加入する場合と、民間の銀行やJAなどのマイカーローンを使う方法の2つがあります。この両者を比べると、ディーラーの自動車ローンの方が、審査は甘いです。はっきり言って、比較にならない位に通りやすいです。

ディーラー側がその自動車自体を担保に取れることが、審査が甘い理由です。ディーラーローンの場合、返済が終わるまでは自動車の名義が持ち主ではなくディーラー側になるので、返済が滞れば強制的に車を売却して損失補填できる訳です。

そもそもディーラーローンは、銀行のマイカーローンよりも金利が高い、つまりローン会社も貸し倒れリスクをある程度見込んでいる事も、審査が厳しくならない理由です。

ですからよほど問題のある人物でもない限り、ディーラーローンの審査で落ちることはありません。実際に審査される内容としては、年齢や職業と年収(収入の安定性)が重視される項目です。購入しようとする自動車に見合った収入があることが、絶対条件です。例えば年収250万円の非正規ワープア労働者だと、軽自動車ならいざ知らず、300万円以上するハイクラスミニバンのローンを組むのはまず不可能です。

細かな点で言えば、持ち家か借家か、結婚しているか否か(子供の有無)も審査に影響します。持ち家や子供の居る既婚者は、簡単に夜逃げする事は難しいから、返済が続く確率が高いと見られるのです。

また、返済回数が多い(完済するまでの期間が長い)契約を申し込むほど、ローン会社のリスクが高くなるので、審査が厳しくなる傾向です。逆に言うと、ボーナス払いを組み込むなどして返済期間を短く申し込めば、審査に通りやすいです。

そしてもう一つ、最重要な項目として、他のローンの借入と返済状況が必ず審査されます。特にキャッシング(カードローン)で多額の借入をしている人や、過去に返済を延滞した履歴があるブラックリスト入りの人は、審査に落ちやすくなります。

 

過去の借り入れ履歴が審査に大きく影響する

意外かも知れませんが、それまで一度もローンやクレジットの履歴の無い人も、審査でマイナスに査定されます。特に30代以上の年齢で、クレジットカードすら使ったことのない人は、借り入れが出来ないような身分(無職や不安定な職業)だった可能性を疑われ、ローン会社に警戒されます。

逆に携帯電話の分割払いやインターネットプロバイダーの料金引き落とし等、細かいクレジットヒストリーであっても長年延滞が無く続けていれば、優良顧客ということで、ローン審査に通りやすくなります。

以上、自動車ローンで審査される内容をまとめると・・・

・クレジット履歴(延滞があると大幅にマイナス
・現在の職業や年収(高いほど有利
・返済予定(長期のローンほど厳しくなる)
・年齢や家族構成(妻子持ちの人には若干甘い)
・持ち家か借家か(持ち家の人には若干甘い)

となります。貴方が正社員で定職に就いていて、過去に借り入れ実績(クレジットカード含む)があって返済が順調な場合、自動車ローンの審査で弾かれる可能性は極めて低いでしょう。もしディーラーローンの審査で落ちた人は、おそらく他のディーラーに変えても、精査される内容はどの会社でも同じなので、また落ちるはずです。

自動車ローンの審査に通らないというのは、その人は消費者金融のキャッシングも不可能だ、と言う位に問題のある人物だということです。

 
 
    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
 
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.