教育ローンと奨学金 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を借りる > 教育ローンと奨学金

教育ローンと奨学金の基礎知識

子供が高校・大学と進学するに連れて、教育費は膨大に膨らんできます。特に私立大学の入学時には、入学金と1年の授業料をあわせて支払いますから、150〜200万円程度の出費を迫られる事になります。このようなまとまったお金が準備できない時は、ローンで資金調達せざるを得ません。首都圏の私立大学に進学した家庭の1/4が、何らかの教育ローンを借りているという調査もあります。

銀行でも教育ローンを組む事が出来ますが、金利は安い所でも年4%前後は掛かります。そこで、お金を借りる時の鉄則「まずは公的融資制度を探す」という手段に出ます。

国民生活金融公庫の教育一般貸付

公的な教育ローンで代表的なのが、国民生活金融公庫の教育一般貸付です。この制度なら年利1.65%(2005年度)で最大200万円〜10年返済の融資を受ける事が出来ます。教育一般貸付は「親の給与所得990万円以下」という条件だけで、担保も不要で審査も緩く、事実上誰でも利用する事が出来ます。これは、日本政府が用意してくれた公的な助成金制度ですので、教育資金に困る家庭は、遠慮なく借りるべきです。

このような甘い融資条件は、銀行の教育ローンでは絶対にありえません。もし子供の教育費に困った場合は、まずは国民生活金融公庫に相談に行くことをお奨めします。

日本学生支援機構(旧日本育英会)の奨学金制度が最高!

さらに有利な方法が「奨学金制度」を利用する事です。最も有利なのが日本学生支援機構(旧日本育英会)の第一種奨学金で、月額4.5〜6.4万円(入学時は30万円まで増額可)を無担保・無利子で借りる事が出来ます。審査として、高校での成績など一定の条件が必要ですが、完全無利子&返済は卒業後14〜16年と、ほかでは考えられない破格の好条件です。

一方で注意したいのは、利息の必要な奨学金制度を申し込み、返済に苦しんで自己破産する人も増えていることです。

奨学金は借金!借りてはいけない!

奨学金とは本来、成績優秀な学生を学費無料にするものであり(海外ではそれが当たり前)、百歩譲って無利息での融資まででしょう。有利子の奨学金など、単なる学資ローンであることには十分気をつけるべきです。

 

かつて日本育英会の第一種奨学金は、繰上返済(一括返済)することで、融資額よりも返済額を少なく出来るという裏技が存在しました。例えば200万円借りたのに、繰上返済することで180万円の返済で済むという、とてつもなく美味しい制度でした。
しかし日本育英会が2003年度より日本学生支援機構として生まれ変わった時に、この甘すぎる返済制度は消滅したようです。現在の日本学生支援機構では、有利子の第二種奨学金に関して、「繰上返済分の利息」についてのみ優遇する措置が設けられています。


    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
 
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る
WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.