ゲームセンターのアルバイト 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を稼ぐ > 楽なバイト > ゲーセン

ゲームセンターのアルバイト事情

 【アルバイトEX】;バイトが決まれば3万円の祝い金が貰える!

ゲームセンターのアルバイトは、ゲーセンで接客や清掃などの業務をこなす仕事です。ほぼ立ちっぱなしの仕事ですが、仕事内容自体は非常に簡単なので、立ち居仕事が平気な人にとっては相当に「楽なバイト」だと言えます。

仕事としては、ゲーム台を拭いたり灰皿や空き缶処理などの清掃や、UFOキャッチャーのぬいぐるみの配置調整、受付で案内放送をしたりお客さんの質問に答えたり等をします。時給は東京や大阪などの都心なら900円前後が相場です。決して高時給という訳ではありませんが、仕事の楽さから考えたら妥当だと思います。

大型アミューズメントパークと小規模ゲーセンの違い

ゲームセンターと一口にいっても、実際には大手企業の運営するアミューズメントパーク型のゲーセンと、昔ながらの町の小規模ゲーセンとに分類されます。アミューズメントパーク型は、セガやタイトーなどの大手ゲームメーカーが運営する大型店舗や、ラウンドワンのようなボーリング場とセットになった店舗など、いずれも大手資本がチェーン展開しているゲームセンターです。

仕事内容はマニュアル化されており、フルタイム(週4〜5日)で長期勤務すれば社会保険(厚生年金や健康保険)に入る事も可能なことが多いようです。求人に「各種社保完備」などの表記があれば、OKという意味です。また、1年以上長期勤務すれば昇給(時給が上がる)も可能な会社もあるなど、待遇面では圧倒的に優れています。また女性スタッフも多いので、職場で彼女・彼氏を作りやすいというメリットもあります。

しかし接客態度や言葉遣いなど、厳しく指導されるというデメリット?もあります。また大型店舗では「ダービーオーナーズクラブ」のような専用カードによる継続型のゲームや、「麻雀格闘倶楽部」のようなオンライン対戦型のゲームなど、特別な仕組みのゲームも数多く揃えられています。お客さんに聞かれる事も多いので、沢山あるゲームの仕組み・ルールなどを覚える必要性もあるでしょう。

一方で個人オーナーが経営する町の小規模ゲーセンでは、社会保険などあるはずもなく、時給も50〜100円ほど安い場合が多いです。またアルバイトの人数が多いアミューズメントパーク型店舗と違い、勤務シフトの融通が利きにくい点もデメリットでしょう。週3日以下とか一日5時間以下などの勤務は、小規模店ではまず認められないでしょう。

しかし、服装や接客態度などを厳しく問われない店が多く、暇な時間は受付に座ってマンガを読んでいるバイト君がいたりなど、店によってはかなりマイペース(いい加減?)に仕事できるというメリットもあります。また本人がゲーム事情に詳しいと、店長(オーナー)からゲーム機の入れ替え導入に関して意見を聞かれたりもするそうです。ゲームマニアな人にとっては、こういった小規模店舗の方がやりがいがあるかもしれませんね。

但し、小規模ゲーセンは年々数が減っています。一方で、大手のゲームセンターの求人なら、アルバイト情報サイトで簡単に探せます。

 

楽なバイトデータベース一覧
 家庭教師  交通量調査
 テレアポ  ポスティング
 治験アルバイト  テレビ番組モニター
 覆面調査モニター  引越しアルバイト
 イベントコンパニオン  郵便局アルバイト(内勤)
 マネキン(販売応援)  棚卸アルバイト
 コンビニ店員  アイスクリーム店店員
 駐車場受付バイト  警備員(ガードマン)
 プール監視員  選挙の出口調査
 漫画喫茶  ティッシュ配布
 スキー場アルバイト  スポーツジム
 メイドカフェ  ゲームテスター
 テレビ番組の観客  ゲームセンター
 自衛隊のアルバイト  引きこもりでも可能なアルバイト

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
 
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.