警備員バイトの時給や休憩について 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を稼ぐ > 楽なバイト > ガードマン

警備員アルバイトについて

警備員アルバイトとは、文字通りガードマンとして派遣先の会場整理にあたる仕事のことです。派遣先として募集が多いのが、サッカースタジアムなどのスポーツイベント会場、競馬場(WINS)や競艇場などですが、ビルなどの施設の常駐警備も募集があります。基本的には長期勤務が前提ですが、夏場の花火大会開場や、正月(初詣)の神社警備など、期間限定のド短期バイトも頻繁に募集されます。

警備員アルバイトの仕事は基本的に「立硝(りっしょう)」といって、所定の位置に立っているだけです。後はお客さんの案内(トイレはどこ?とか)や人の流れの整理・誘導、競馬場なら馬券マークシートの書き方を教えたり、などです。

通路とか階段とか、通行の邪魔な場所に座り込むお客をどかせる時が、唯一の難儀な仕事なのですが、聞き分けの無い客に対しては、ちゃんと専用のクレーム処理係?の人が居るので、アルバイトが面倒なことに巻き込まれるケースはほとんどありません(警備会社には必ず警察OBでクレーム処理に慣れた人が現場にいます)。なので基本的には、ほとんど立ってるだけの暇な仕事です。

休憩が頻繁に入るので立硝は疲れない

その為警備員の仕事は、だらけてしまわないように30分交代で立硝場所を変えていきます。通常は4人グループを組まされて3つの立硝場所を与えられ、ローテーションします。余った一人は休憩となるので、1時間半の勤務と30分の休憩を繰り返し、それを3〜4回繰り返せば一日の仕事が終了となります。立っているだけで暇なことが多いので、結構足が疲れてきますが、休憩が頻繁に入るので、他の立ち居仕事よりもよっぽど楽です。この休憩が多いという点が、警備員アルバイトの最大のメリットといえます。

そして時給が良好なのも、警備員アルバイトの特長です。日勤(8〜17時くらい)の場合、時給1000円・日給8000円位が相場ですし、交通費支給、昼食付きという所が多いです。さらにフリーターなど週5日レベルで仕事に就ける人なら、社会保険に入れる場合が多いことも、大きなメリットと言えます。

また「施設警備(常駐警備)」といって、ビルや動物園、美術館などで日常的に勤務するアルバイトもあります。こちらは仕事内容はピンキリで、特に夜勤では怖い思いをするケースも多々あります。また施設警備員自体が高齢者が多い傾向にあり、若年層には余り仕事が回ってきにくいです。

ただ場所によっては、夜勤で数時間毎に見回りするだけで、後は寝てようがゲームしようが勝手、というオイシイ現場があるのも事実です。勤務の合間に参考書開いて勉強できるので、警備員には司法試験などの資格浪人のフリーターが居ることも多いです。無論、夜勤なので時給は25%の割り増しになります(法律で定められている)。

そんなオイシイ勤務場所にめぐり合うには、とりあえずアルバイトで長期間勤務した実績を作って、内部の人と親密になってチャンスを窺っておけば良いと思います。警備員には高齢者が多い職場ですから、現場に欠員が出ることは頻繁にあるので、勤務実績を積んでおけば、希望の現場に配属されやすくなるでしょう。 但し、長年の勤務実績を作っても、警備員のアルバイトはほぼ時給がアップしないのが欠点ですかね。

 

楽なバイトデータベース一覧
 家庭教師  交通量調査
 テレアポ  ポスティング
 治験アルバイト  テレビ番組モニター
 覆面調査モニター  引越しアルバイト
 イベントコンパニオン  郵便局アルバイト(内勤)
 マネキン(販売応援)  棚卸アルバイト
 コンビニ店員  アイスクリーム店店員
 駐車場受付バイト  警備員(ガードマン)
 プール監視員  選挙の出口調査
 漫画喫茶  ティッシュ配布
 スキー場アルバイト  スポーツジム
 メイドカフェ  ゲームテスター
 テレビ番組の観客  ゲームセンター
 自衛隊のアルバイト  引きこもりでも可能なアルバイト

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
 
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.