交通量調査の時給や休憩時間 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を稼ぐ > 楽なバイト > 交通量調査

交通量調査アルバイトの中身

 【アルバイトEX】;バイトが決まれば3万円の祝い金が貰える!

交通量調査アルバイトは、郊外の幹線道路や、都心のターミナル駅周辺などで、人や車の数をカウントする(数える)仕事です。道路脇で椅子に座って何かカチカチ押している私服の兄ちゃん・姉ちゃんを見たことがあるかと思いますが、彼等は交通量調査会社に雇われたアルバイト要員なのです。

交通量調査アルバイトは、拘束時間が非常に長いです。12時間程度の長さの現場が多く、中には24時間拘束の場合もあります。しかし2〜3人のグループを組む交代制なので、拘束時間の内の半分〜3分の1は休憩時間になり、実質の労働時間は少なくなります。何せ長時間の単純作業なので、交通量調査の現場では、間違いを防ぐ為に必ずこのような休憩制度が取られています。

椅子に座って数を数えるだけの仕事ですし、カウンター機のボタンを押して数えるので数え忘れ・数え間違いも起こりにくく、非常に楽な仕事です。12時間拘束で日給1万円前後が相場ですから、休憩も含めて考えると、時給的にも美味しいバイトだと言えます。

交通量調査バイトは気候・天候次第

ただ、郊外の幹線道路脇で自動車の数を数える場合が多いので、夏は暑く冬は寒いことが欠点です。経験上、寒いのもキツいですが、真夏の暑さの方が更に厳しいです。

そして、基本的に小雨程度なら雨天決行ですので、雨の降った日は最悪です。また、早朝から仕事を始める場合がほとんどな為に、調査地によっては前日の夜に集合して、車の中で寝泊りする制度をとる場合があります(遅刻防止などの為)。

前日夜からのバイトの方が、時給は高くなりますが、言うまでもなく環境は最悪ですので、お勧めできる仕事とは言いにくいです。よって、交通量調査アルバイトで狙い目なのは、気候が穏やかな春や秋に、現場が当日集合の仕事です。但し、そのような好条件の求人は応募が殺到するので、スピード勝負になります。

交通量調査アルバイトは、求人サイトや求人雑誌にも頻繁に募集が載ります。しかし交通量調査の請負会社は登録制を取っており、何度か働いた実績を積んでおけば、楽な現場を優先的に選べるようになることもあります。

 

楽なバイトデータベース一覧
 家庭教師  交通量調査
 テレアポ  ポスティング
 治験アルバイト  テレビ番組モニター
 覆面調査モニター  引越しアルバイト
 イベントコンパニオン  郵便局アルバイト(内勤)
 マネキン(販売応援)  棚卸アルバイト
 コンビニ店員  アイスクリーム店店員
 駐車場受付バイト  警備員(ガードマン)
 プール監視員  選挙の出口調査
 漫画喫茶  ティッシュ配布
 スキー場アルバイト  スポーツジム
 メイドカフェ  ゲームテスター
 テレビ番組の観客  ゲームセンター
 自衛隊のアルバイト  引きこもりでも可能なアルバイト
    サイトメニュー
お金を稼ぐ
 
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.