アルバイトの税金と確定申告 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を稼ぐ > 税金と確定申告

アルバイトの税金と確定申告

 ココナラ :空き時間のお手伝いや、自分の知識・スキルで稼げるサイト

大学生アルバイターもフリーターの人も、税金のことなど気にしていない人がほとんどだと思います。しかしバイトだろうと、その報酬は課税対象となります。年間所得が103万円以上になると、所得税の課税対象となります(交通費は含まない)。

その為、まともな会社なら、稼ぎの多いアルバイトに対して「源泉徴収」という形で、あらかじめ税金分を引いてから給料を支給しています。具体的には、毎月の給料が8万7千円以上になるアルバイト君に対して、8万7千円を超えた分の10%を天引きしているはずです(給与明細に「源泉徴収」という欄があるはず)。

しかし、税金には「控除」というものがあり、例えば国民年金や国民健康保険の掛け金は、税金の控除対象となります。ところが、源泉徴収される段階では、これらの控除は考慮されておらず、機械的に年額103万円を超える分に対して10%が天引きされているのです。

つまり、源泉徴収されているアルバイトの人の中には、税金を余分に支払わされている人もいるのです。こんな人は「確定申告」をすることで、払いすぎている税金分が戻ってきます。

確定申告(白色申告)すれば2万7千円が戻る

例えば、一箇所の勤務先でのアルバイトで年間130万円(月平均約11万円)を稼いでいる人は、その会社からの給料は源泉徴収されるはずです。その金額は、毎月約2300円(11万円ー8万7千円×10%)、年間で約2万7千円を税金として取られているはずです。

しかし、国民年金の年間約17万円(月額14,100円:2007年度数値)、健康保険の年間約12万円(前年の年収や住む自治体によって多少異なる)の約29万円は、税金の控除として認められています。国民年金や国民健康保険を自腹で支払っている人なら、年間収入の130万円からこの29万円の控除を引けますので、課税所得は101万円となり、年間所得103万円未満となり、所得税が無税になります。

なので、この人が確定申告すれば、既に毎月の給料から天引きされていた、計2万7千円の源泉徴収分のお金が、全額返還されるのです! 130万円以上稼いでいる人でも、税金はゼロにはならないですが、2万7千円分は確実に返還されます。

確定申告と聞いて「大変なのでは」と思われるかもしれませんが、白色申告と呼ばれる方式なら、提出書類も少なくて誰でも簡単に確定申告できます。年収が多いフリーターの人なら、3万円近いお金が戻ってくるのですから、白色申告にチャレンジしてみる価値は十分あるでしょう。

但し注意してほしいのが、親の扶養に入っているフリーターや大学生の人です。年収が103万円を超えてしまうと、親の扶養から外れてしまうので、親に掛かる税金が大きく増えてしまいます。自活しているフリーターの人はともかく、親の扶養に入っている人は、アルバイト収入が年間103万円を超えないように、労働時間を調整しましょう。

楽なバイトデータベース一覧
 家庭教師  交通量調査
 テレアポ  ポスティング
 治験アルバイト  テレビ番組モニター
 覆面調査モニター  引越しアルバイト
 イベントコンパニオン  郵便局アルバイト(内勤)
 マネキン(販売応援)  棚卸アルバイト
 コンビニ店員  アイスクリーム店店員
 駐車場受付バイト  警備員(ガードマン)
 プール監視員  選挙の出口調査
 漫画喫茶  ティッシュ配布
 スキー場アルバイト  スポーツジム
 メイドカフェ  ゲームテスター
 テレビ番組の観客  ゲームセンター
 自衛隊のアルバイト  引きこもりでも可能なアルバイト

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
 
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.