青春18切符の裏技 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を節約する > 青春18きっぷの裏技

青春18きっぷを賢く利用(売買)する裏技!

青春18きっぷと言うのをご存知でしょうか? 青春18きっぷとは、春季・夏季・冬季に発売されるJR全線一日乗り放題のお得な切符です。一日あたり2300円でJRの電車が乗り放題! 特急などの座席指定車以外ならどの線でも・どこまででも乗れてしまうと言う代物です。

但し、この青春18切符には致命的な弱点があります。5枚綴り(11500円)でしか販売してくれないと言う点です。複数人で使う事も出来るとはいえ、やはり5回分も使い切れないと言う人が多いようです。

「5枚分も使わない」人は金券ショップで売る裏技を!

しかし、ここでもひと工夫すれば、この青春18きっぷを最大限に利用できてしまう裏技があるのです! 方法はいたって簡単、金券ショップ(チケットショップ・バッタ屋)に使い切れなかった分の青春18きっぷを売ってしまえば良いのです。

相場はチケットショップによって多少異なりますが、概ね『1回分=2000円』程度で買い取ってくれます。つまり2回分使って3回分残っている切符なら、買い取り価格は6千円程度になります。自分で利用する分だけ使い、余った分は売り飛ばす・・・いたって単純な原理ですが、中々この裏技を知らない人も多いようです。

但し、この方法で一つ気を付けなければいけない事は、青春18きっぷの買い取りには期限があるということ。夏季なら切符自体の利用期限は9/10辺りまでですが、金券ショップで買い取ってくれるのは、大体8/20〜25辺りまでのようです(お店の在庫状況によって、買い取り期限は変わる)。これを過ぎてしまうと、チケットショップでは買い取ってくれません。また、8月の後半になるにつれ、買い取り価格も下落していく傾向があります。金券ショップにとっては、売れ残れば丸損となるので、当たり前と言っちゃあそれまでですが・・・。

買い取り期限を過ぎてしまった場合は、ネットオークションで売りさばくという、更なる裏技で処理できたりしますが、こちらは値段は流動的な上、確実に売れるとも限りません。まあ、二束三文でも売れれば上等!位に思っておくのが無難ですね。

青春18きっぷは金券ショップ(チケットショップ)で買えばお得!

逆に、8月の後半あたりになってくると、青春18きっぷは金券ショップでバラ売りされることも多くなります。例えば遠距離の移動をする場合、JRで片道1100円以上の電車賃になる場合は、バラ売りされている18きっぷを買った方が安上がりになります。8月の後半あたりにお出かけする場合は、最初から必要な枚数分だけ金券ショップで調達しておくのが、最も賢い方法ですね。

 

 青春18きっぷ紹介サイト : 青春18きっぷさかなのページ


■引越し;仏滅を選べば安くなる 午後の便で安くなる 作業を手伝えば安くなる?
  業者を見積りに招く日を設けよう ピアノの料金 自転車の料金 エアコンのトラブル
  見積もりで電話が頻繁に掛かってくる? ご祝儀は必要か? 女性スタッフだけの引越し
  キャンセル料金は掛からない 住所不定時の見積り 食器やパソコンが壊れない梱包方法
  評判の悪い作業員を避ける方法 引越し会社のクチコミは参考にならない
   佐川の引越しの評判が悪いのは本当か? 午後の便の引越しは最大何時まで遅くなる?
■日常生活; 水道光熱費節約 100円ショップで買ってはいけない物 本やCDを安く買う
  早割り&年払い 問屋街で安く買い物する 引越し料金を安くする裏技
■パソコン; 無料のウイルス対策ソフト 無料のスパイウェア対策・駆除ソフト
  社会人が学割を利用する方法
■医療; 格安の人間ドック ジェネリック医薬品とは? 脳ドックの費用と節約方法 人間ドックで選ぶべき検査項目
■年金・税金;国民年金の支払金額を安くする方法 サラリーマンが税金を減らす4つの方法
■車関連; 車を安く買うコツ 駐車場代を無料にする裏技 新古車とは? 運転免許を安く取る方法 ゴールド免許はコスパが高い! 車の燃費を良くする運転方法  燃費を良くする運転方法〜上級編 JAF料金は節約しない方がよい 車検時の節約できる4つの部品 車のバッテリーを消耗させない方法
■旅行・宿泊; 宿泊料金を節約する裏技
■電車&飛行機;切符・定期を分割購入 青春18きっぷの裏技 飛行機に激安で乗る裏技
  新幹線に激安で乗る裏技  東京〜大阪間の料金比較(飛行機・新幹線・バス等) 
  格安航空会社の問題点

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
 
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る



WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.