駐車場代を払わずに済む裏技! 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を節約する > 駐車場代を払わずに済む裏技!

都心で駐車場代を払わずに済む裏技!

ガリバーの愛車無料査定
サイト上で車種・年式・走行距離を入力すれば、愛車の買取価格を無料査定できます。

東京・大阪などの都心部を車で移動するのは、非常に不便です。特に、駐車スペースを確保することの困難さは、一度乗り入れたことのある方なら同感してもらえると思います (T_T)。

運良く駐車場を見つけることができたとしても、その料金の高さときたら、憤慨モノですよね。例えば、都心部で2時間駐車場に入れたなら、大体1000円位は取られてしまいます (T_T)。そこで、駐車料金をタダにしちゃう裏技をご紹介します。

駐車場代を無料にするには・・・デパートで商品券を買え!

デパート等で買い物をして、無料駐車券をいただけば、馬鹿高い駐車料金を払わずに済みます。都心のデパートは周辺の多くの駐車場と提携してますので、買い物をすれば無料駐車券を貰えます。

でも「デパートって値段が高いので、買いたい物なんかない」とおっしゃるアナタ!ここで裏技の登場です。

ズバリ、図書券や商品券など、価値が不偏で換金性のあるものを買えばいいのです。例えば「2000円以上の買い物で2時間の無料駐車券進呈!」などなら、デパートで2000円分の図書券だけをさっさと買ってしまえば、残りの1時間半以上の時間を本来の目的の行動に使えて、駐車料金もタダにできるのです。図書券なら本を買うときに使えますし、書籍は全国一律定価販売なので、一切損をしません!(例外的裏技もあり)

本なんてめったに買わないと言う方や、何かと入用で財布の中の現金を減らしたくないという方は、その図書券をチケットショップに売り払えばよいのです。2000円分の図書券なら、買取額は1840円(額面の92%※注)なので多少目減りはしますが、それでも駐車料金と比べれば断然安く済ませられます!金券ショップで換金性の高いチケットを狙えば、さらに節約できます。「全国百貨店共通券」なら、額面97%の買取率(※注)なので、1940円で売れることになります。

例えば午後から半日(6時間)ほど駐車する必要がある場合なら、普通に払えば3000円かかるところを、この技を使えばたった180円で済ませられます!!ちょっとだけ手間を掛けるだけで2820円もの差!!この技を使えば、晩御飯を2ランクはグレードアップできちゃいますね (^_-)。

 

※注 筆者調査時の相場。店や時期によって多少変動します。

☆当然、無料券の対象になる駐車場を知っておく必要はありますが、入庫する前の段階で、それぞれの駐車場の係員に聞けば分かります。それと「いくら買い物をすれば、何時間分の無料駐車券を貰えるのか?」という事も確認が必要でしょう。

■引越し;仏滅を選べば安くなる 午後の便で安くなる 作業を手伝えば安くなる?
  業者を見積りに招く日を設けよう ピアノの料金 自転車の料金 エアコンのトラブル
  見積もりで電話が頻繁に掛かってくる? ご祝儀は必要か? 女性スタッフだけの引越し
  キャンセル料金は掛からない 住所不定時の見積り 食器やパソコンが壊れない梱包方法
  評判の悪い作業員を避ける方法 引越し会社のクチコミは参考にならない
   佐川の引越しの評判が悪いのは本当か? 午後の便の引越しは最大何時まで遅くなる?
■日常生活; 水道光熱費節約 100円ショップで買ってはいけない物 本やCDを安く買う
  早割り&年払い 問屋街で安く買い物する 引越し料金を安くする裏技
■パソコン; 無料のウイルス対策ソフト 無料のスパイウェア対策・駆除ソフト
  社会人が学割を利用する方法
■医療; 格安の人間ドック ジェネリック医薬品とは? 脳ドックの費用と節約方法 人間ドックで選ぶべき検査項目
■年金・税金;国民年金の支払金額を安くする方法 サラリーマンが税金を減らす4つの方法
■車関連; 車を安く買うコツ 駐車場代を無料にする裏技 新古車とは? 運転免許を安く取る方法 ゴールド免許はコスパが高い! 車の燃費を良くする運転方法  燃費を良くする運転方法〜上級編 JAF料金は節約しない方がよい 車検時の節約できる4つの部品 車のバッテリーを消耗させない方法
■旅行・宿泊; 宿泊料金を節約する裏技
■電車&飛行機;切符・定期を分割購入 青春18きっぷの裏技 飛行機に激安で乗る裏技
  新幹線に激安で乗る裏技  東京〜大阪間の料金比較(飛行機・新幹線・バス等) 
  格安航空会社の問題点

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
 
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.