WEB金融新聞

ADSL回線は近い将来廃止になる

HOME > 節約 > Wimax家使い > ADSL回線は近い将来廃止になる

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円〜 ⇒業界最安級の料金なのに加えて、今なら最大3万円のキャッシュバックが確実に貰えます!

2000年代前半から普及した高速インターネット回線のADSL。しかし、近年はより高速で通信出来る光ファイバー回線が広まった事で、ADSLの利用者は大きく減少しました。そのため「ADSL回線は無くなるのでは?」という口コミも多かったですが、実際に近い将来、ADSL回線は廃止・消滅する事が確定しています。

ADSLは「asymmetric digital subscriber line」の略で、アナログ電話回線を利用したインターネット接続方法です。日本では全国ほぼ全ての地域にNTTのアナログ電話回線が通っているため、ADSLはどこに住んでいてもネット接続が出来るというメリットがありました。

しかし実は、既存のアナログ電話回線は近い将来、廃止になる事が決まっています。 電話回線の利用には、全国のNTT基地局に設置されている交換機(信号を中継するための装置)が不可欠ですが、各基地局の交換機は2020〜2025年頃に一斉に耐用年数を迎えるのです。アナログ交換機の製造は既に終了しているため、現存の交換機が寿命になれば、以後はアナログ電話回線は利用出来なくなり、必然的にADSLも消滅を余儀なくされるのです。

こうした状況から、NTTは現在のアナログ電話網から、IP(インターネットプロトコル)網へと、電話回線設備を交換する作業を進めています。つまり今後、日本の固定電話はデジタル回線(IP通信)に切り替わって行くという事です。必然的に、アナログ電話回線を用いるADSLは、物理的に利用出来なくなる訳です。

実際、NTT東日本・西日本では、2016年6月30日をもって、ADSLの新規申込受付を終了しました。また、著名なプロバイダーの多くが、既にADSLサービスを廃止し始めています。

ADSLインターネットを廃止した主なプロバイダーとその時期
・DION (2016年6月) ・So-net (2016年11月末)  ・BIGLOBE (2016年12月末)
・@nifty (2017年2月28日)  ・OCN (2017年3月31日)

なおヤフーBBは、当稿執筆時(2017年3月)でもADSLの新規加入を受け付けていますが、上記の通り近い将来ADSL回線が物理的に利用出来なくなるので、今から申し込むのはオススメしません。ヤフーBBだと(同社の性質上)突然ADSLのサービス終了が告知される可能性が高いです。よく粘ったとしても、東京オリンピック(2020年)までは持たないと予想されます。

では、これまでADSLを利用していた人は、今後どう乗り換えれば良いでしょうか?代替回線は大きく分けて「光ファイバー」か「モバイルルーター」の二つしかありません。

一つ目が、光ファイバーインターネット(フレッツ光やEO光)の契約です。ADSLを提供していたプロバイダーは、多くが光回線サービスもあるので、乗り換えは比較的容易です。そして光回線には、通信が高速というメリットがあります。ADSLは概ね5Mbps程度の速度なのに対し、光回線なら環境によっては50Mbps以上の速度が出るので、快適なネット接続が可能です。

 

光ファイバーだと料金が高く工事が必要

ただし、光回線は月額料金が高い事がデメリットです。ADSLは月額3000円程度もありましたが、光回線は5〜6000円が必要です。また、ケーブルを家の中にまで通す工事が必要なので、マンションや一部の住宅では、構造上の理由で光回線ケーブルを引き込めないケースも多いです。

そこでもう一つの対処法が、モバイルルーターを家庭内で使うことで、当サイトで紹介している『Wimaxを家のネット回線として利用する』方法です。ワイマックスは一般的に、光ファイバーよりは速度が遅いですが、ADSLよりは遙かに高速なので(筆者自宅では平均10Mbps程度)、家庭のネット回線としても全く不満無く使えます。

そしてWimaxはモバイルWi-Fiルーター(携帯型のネット接続端末)なので、自宅に新たに回線ケーブルを引く必要はないので、サービスの対象範囲ならどんな環境でもネットに繋げるのがメリットです。しかも月額料金が4千円程度なので、光ファイバー回線よりかなり安いのもメリットです。

ADSL回線は近い将来廃止される、まとめ
・NTTはアナログ電話回線を廃止するため、ADSLも使えなくなる
・光ファイバー回線は速度が速いが、工事が不可欠なうえ料金も高い
・Wimaxは回線工事が必要ないうえ、光よりも料金が安い

ワイマックスは、屋内では電波が入りにくいという口コミが広まっています。しかし、ルーターを窓際におけば全く電波を拾えないという環境はまず無いですし、少しでも電波を拾えるならアンテナを自作することで大幅に感度アップ(=回線速度アップ)も図れます(⇒自作アンテナでワイマックスの通信速度を上げる方法)。そのうち完全廃止されるADSLの代替回線を考えるなら、工事不要で料金も安いWimaxの家使いこそ、ベストな選択です。

Wimax家使いに最適なプロバイダー


『GMOとくとくBB』のWiMAX2なら、全プロバイダー中最安級の月額3,609円〜で使えて、しかも最大3万円のキャッシュバックが貰える!!
ワイマックスを家使いするならベストなプロバイダーですよ!

申し込みこちら GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円〜

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.