WEB金融新聞

集合住宅でネット回線が遅い場合の解決方法

HOME > 節約 > Wimax家使い > ネットが遅い場合の解決方法

近年では、マンションや寮・アパートなどのいわゆる集合住宅で、既に光ファイバーやケーブルTVなどのインターネット回線が備わっている物件が増えています。一見すると便利なのですが、実際にネットを使ってみると「速度が全然出ない」「回旋が途切れがち」などの不満を訴える口コミが、意外と多いのが現実です。

集合住宅のネット回線の速度が遅い最大の原因は、回線を住人同士で共有で利用しているからです。光ファイバーで100メガや1ギガなんて高速回線が繋がっているとPRしていても、それはマンションの共用スペース(電話の配線盤が収容してある「MDF室」など)までの部分であり、その先で各部屋に分配されているケースがほとんどです。従って、1ギガと言っても何十もの家庭の合計であり、一家庭の容量は10Mbpsも出ない程度に落ちてしまう事も多いです。

しかも同じマンション・アパートにヘビーユーザーが居たりすると、その人が回線容量を大量に使ってしまうため、他の家庭では1〜2メガしか出ない・・・なんてケースも珍しくないのです。特にインターネットのゴールデンタイム(夜の20〜24時頃)は、利用者が多いので「極端にネットが遅くなる」という口コミが大半です。

そして最も厄介なのが、何か特殊な原因で『貴方の部屋だけ』ネット回線が遅くなっているというケースです。光ファイバーでもケーブル回線でも、マンションの共用スペースまでは正常でも、そこから各部屋に繋ぐ回線部分だけが老朽化していたり、ネズミがかじったり等で、特定の部屋だけインターネット回線が遅くなるケースもあるのです。

そんな場合はアパートの大家やマンションの管理組合に改善を訴えても「他の家庭は苦情がない。貴方のパソコンの問題だ」と一蹴されるでしょう。たとえ理解してもらえても「他の部屋にも影響する大規模な工事が必要なので不可能だ」と拒否されるケースも多いです。ネット回線を改善する工事も、かなりのコストが必要になるので、複数の訴えがあるならともかく、特定の部屋だけなら大家や管理組合から黙殺されるのがオチです。

 

家使いでは明らかにワイマックスの方が有利!

このようにマンション・アパートのような集合住宅では、ネット回線が遅い原因を特定するだけでも難しく、解消困難な問題であるケースが多いのです。たとえ「お金を払って良いから自分の家だけ新たに光ファイバーインターネットを導入したい」と思っても、集合住宅では個別の家庭が勝手にネット回線の工事を行う事は、契約上不可能である事がほとんどです。

つまり、このような場合に貴方が取れる解決方法は、以下の三つしかありません。

・パソコンを諦めてスマホだけで我慢する
・スマホのテザリング機能を使う
・Wimaxを家のネット回線として使う

パソコンでネットを見るのを諦め、スマホだけで我慢するのが一つ。またドコモやソフトバンクなどのキャリア携帯なら「テザリング機能」があるので、それを使ってパソコンをネットに繋ぐという方法もあります。

しかし、これら二つの対策は、いずれもキャリア携帯に必ず設けられている「一ヶ月=7ギガバイトの通信量制限」の問題にぶち当たります。キャリア携帯では、大手3社とも7ギガを超えると128kbps程度まで通信速度が制限され、静的なサイトですら満足に閲覧できなくなります。速度制限解除には、その都度2千円以上の別料金が必要です。

このため、スマホだけやテザリングでパソコンを使う場合、極めて不便な使い方を余儀なくされます。月7ギガというのは、1日あたりの通信量の目安は230メガバイト以内となり、Youtube動画(標準画質=360p)だと1時間程度が限界です。ネットサーフィンでも、例えばグーグルマップなどは地図を動かしたり・拡大縮小する度に読み込みが発生して、大量のデータを消費します。インスタグラムのような大量の高画質画像を見るサイトも、通信量は馬鹿になりません。1日230メガバイトというのは、かなり貧相な容量です。

従って、当サイトでお勧めする最善の解決方法は、Wimaxのようなモバイルルーターを導入する事です。 容量制限のストレス無く、高速なインターネット通信を実現するには、これしか方法はありません。Wimaxを家使いするのなら、容量制限は3日で10ギガと圧倒的に余裕が生まれ、制限に掛かる事はほとんどありません。

確かに別途Wimaxとの契約が必要なので、月3〜4千円の料金が掛かります。しかし工事が必要ないので、集合住宅でも全く問題なく高速インターネットが手に入るのがメリットです。また「Wimaxは屋内では入りにくいので使えない」との口コミが広まっていますが、これは間違いで、ルーターを窓際に置けば電波はほぼ間違いなく拾えますし、料理用ボールを自作パラボラアンテナとして使うことで、更に安定して電波を受信できます。

ということで、集合住宅でネットが遅い場合の解決方法としては、Wimaxを別途導入する事が正解となります。容量を気にしながらスマホの小さな画面で我慢するか、少しお金を払って快適な環境を得るか、選択は貴方次第ですが、ストレス無く高速インターネットを使いたければ、Wimaxを使うという一択です。

ワイマックス家使いに最適なプロバイダー


『GMOとくとくBB』のWiMAX2なら、全プロバイダー中最安級の月額3,609円〜で使えて、しかも最大3万円のキャッシュバックが貰える!!
ワイマックスを家使いするならベストなプロバイダーですよ!

申し込みこちら GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円〜

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.