WEB金融新聞

WimaxとYmobile(ポケットwifi)の比較

HOME > 節約 > Wimax家使い > Ymobile(ポケットwifi)の比較

モバイルWiFiルーターとは、屋外でインターネットが利用出来るようになる、携帯型の端末の事です。モバイルWiFiルーターのサービスを提供している会社で最も有名なのがワイマックス(最新はWimax2)ですが、その次に有名なのがソフトバンク系列のYmobile(ポケットwifi)です。WimaxとYmobileでは、それぞれ通信速度や利用の制限などが違いがあるので、以下で最も制限が少ないプランで両者を比較してみます。

GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円〜 ⇒業界最安級の料金なのに加えて、今なら最大3万円のキャッシュバックが確実に貰えます!

  ワイマックス
Wimax
ワイモバイル
Ymobile
プラン名 Wimax2 ギガ放題 PocketWiFiプラン2
月額料金 4380円 4380円
通信速度(下り) 440Mbps 261Mbps
通信エリア 全国ほぼ全て 全国ほぼ全て
但しアドバンスモードは狭い
速度制限の条件 3日で3GB
3日で10GB※注
3日で3GB
一ヶ月7GB
制限後の回線速度 1Mbps程度 0.1Mbps程度(128kbps)
屋内電波環境 やや弱い 比較的強い
しばりの期間 2年 3年

※注;2017年2月2日より、3日で10GBに制限が緩和されました。

まず、月額料金はWimaxもYmobileも4380円で差がありません。期間限定でお得なプランやサービスが用意されている場合はありますが、総合的にはどちらを選んでも料金に大差はないと言えるでしょう。※後発のワイモバイルが、ソフトバンク特有の後出しジャンケンでワイマックスと横並びの料金に仕掛けてきたため。

通信可能エリアの比較では、どちらもあまり違いはありません。Wimax・Ymobile共に全国の99%のエリアで利用可能との事で、ほとんどの利用者は心配する必要はないでしょう。ただし、屋内の通信環境はYmobileの方が比較的優れています。ですから、家庭でWimaxを利用する場合は、設置場所にも注意する必要があります。

そして、通信速度の比較ではWimaxが上回っています。ただし、通信速度は使用する機器や周辺環境などで左右されるので、こうしたスペックは参考程度に過ぎません。

両者の最も大きな差が、モバイルWiFiルーターを利用するうえで最も注意すべき点でもある、通信容量の制限です。一般の家庭で利用するネットの光回線は、どれだけ通信量が増えても基本的に速度制限がかかる事はありません。一方で、モバイルWiFiルーターは期間内に一定の通信量を超えた場合に速度制限がかかり、その後数日間は通信速度が遅くなる仕組みになっています。丁度ソフトバンクやドコモのスマホが月3GBなどの通信制限があるのと同じです。

速度制限は、あくまで通信速度が遅くなるだけで、通信不能になるわけではありません。しかしYouTubeのような動画を見たり、大容量のファイルをダウンロードするような場合には、遅すぎて使い物にならない場合もあります。

まずWimaxについて。ワイマックスでは3日で10GBの制限があり、これを超過すると、翌日昼頃から翌々日昼頃まで、通信速度が1Mbps程度になります。この速度だとYouTube動画の標準画質ではやや閲覧が厳しく、240pまで落とせば見れるというレベルです。ただし直近の3日間の通信料が10GBを下回ると、制限が解除されます。これ以外にも通常プランだと、一ヶ月で7GBまでという制限もあるのですが、これはギガ放題プランに加入すれば無くなります。

 

家使いでは明らかにワイマックスの方が有利!

一方でYmobileも制限がありますが、それは3日で3GB、および一ヶ月7GBとワイマックスよりもかなり厳しく、不利な条件です。しかもYmobileは、一ヶ月7GBの制限を回避する事が難しいのがデメリットです。アドバンスモードという設定をする事で月7GM制限を回避可能ですが、対応エリアは一部の都市部に集中しており、郊外や田舎では使えない場所が多いです。

そのうえ、Ymobileが通信制限を受けた場合の速度は128kbpsしかありません。これは、かつてのダイヤルアップインターネットに近い速度に過ぎず、動画サイトはおろかYahooのトップページを開くだけでも10秒以上かかるレベルで、正直言って全く使い物になりません。

しかも、この制限を解除して通常速度に戻すには、翌月まで待つ、もしくは500MB毎に500円の追加料金を支払う必要があります。Wimaxは直近の3日間が3GB以下になれば自動的に制限が解除される事を考えると、Ymobileの制限は余りに厳しすぎて、家使いでは不向きだと言わざるを得ません。

なお契約期間については、Wimaxが2年、Ymobileが3年という縛りがあります。携帯電話と同じく、この期間内に多機種への乗り換えや解約をした場合、契約解除料が必要になります(解除料金は契約の状況によって変わります)。縛りの比較でも、やはりワイマックスの方が制限が緩いので有利です。

WimaxとYmobile(ポケットwifi)との比較まとめ
・料金や通信可能エリアなどはWimaxとYmobileで大差なし
・Ymobileは3日3GB、一ヶ月7GBの制限があって利便性が悪い
・またYmobileは速度制限された場合に遅すぎて使えない!
ワイマックスの方が明らかに家使いに向いている

これらを総合的に判断すると、Wimaxの方がYmobileよりも優れていると言えそうです。料金や通信エリアにはあまり違いはありませんが、やはりYmobileの通信制限(3日3GB・1ヶ月7GB)は大きなデメリットです。アドバンスモードを利用出来るエリアでしか使わないという人でない限りは、Wimaxを選ぶ事をお勧めします。

Wimax家使いに最適なプロバイダー


『GMOとくとくBB』のWiMAX2なら、全プロバイダー中最安級の月額3,609円〜で使えて、しかも最大3万円のキャッシュバックが貰える!!
ワイマックスを家使いするならベストなプロバイダーですよ!

申し込みこちら GMOとくとくBB WiMAX2+ 月額3,609円〜

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.