百貨店の積み立て預金 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > デパートの積立預金

年利8.3%!高金利な百貨店の積立預金

定期預金でも0.1%というふざけた利息しか付かないこのご時世に、年利8.3%もの超高金利が付く金融商品があるのをご存知でしょうか?

その正体とは「デパートの積み立て預金」のことです。デパート積立預金とは、毎月一定額をデパートに積み立てしていくと、1年後には一か月分のおまけ(利息)が付いて、13か月分の商品券として受け取れる制度のことです。

■期待利回り;8.3%など
■手軽さ;各百貨店で購入可能
■流動性;同グループ店のみ利用可
■リスク;百貨店の破綻
■最低投資額;6万円〜
■コスト;特になし
■税金;既に控除済み?

例えば高島屋の積立金制度「ローズサークル〜タカシマヤ友の会」では、毎月5.000円の積み立てを1年すれば、利子が5.000円分付いて65.000円分の高島屋商品券として受け取ることが出来ます。

この制度はタカシマヤ以外にも、三越、伊勢丹、松坂屋、阪急など、大手百貨店の多くが「友の会」などと名打って、同様の制度を採用しています。最低単位が1万円という所もありますが、利息はどの百貨店でも同様で、一か月分の割増(8.3%)が付いてくるようです。

三越友の会、伊勢丹クローバーサークル、松坂屋カトレヤサークル、阪急友の会

定価販売の商品を買えば一切損をしない!

しかしこの制度には、ひとつだけ落とし穴があります。それは、積立金は各々の百貨店固有の商品券として支払われることです(そうでない百貨店もあります)。デパート・百貨店はご承知のように定価販売が基本ですから、いくら8.3パーセントもの高利が付いても、買えるものが割高なら本末転倒ですよね。

しかし、この欠点を補える裏技が存在します。それは、スーパーだろうとどこだろうと、全国一律・定価販売しかされない商品を買うことです。

これは再販価格維持制度と呼ばれ、定価よりも安売りすることが法律で禁じられている商品があるのです。具体的には、本(書籍)、新聞や雑誌、音楽CDなどです。また、再販制度には入っていないものの、たばこなんかも基本的に割引販売はされない商品ですよね。このように割引販売されることの無い商品なら、デパートで買うことの不利さは生じませんので、積み立てされたデパートの商品券で買えばいいのです。

他にも、お中元・お歳暮や各種お祝い品などは、スーパーなどよりもデパートの包みで贈る方が、確実に印象は良いですよね。またバーゲンセールの時なら、品質の高いデパートの商品を安く買えますよね。こういった場合に、積み立てした百貨店の商品券を使えば、金銭的な損失なく、8.3%という高金利の恩恵を最大限に受けられます。

また、商品券を使い切れない場合は、チケットショップで売ればよいでしょう。買取は大体額面の90〜95パーセント程度に目減りしますが、使い余った分だけに留めておけば、チケットショップで換金しても元は取れるでしょう。

ひとつ注意点としては、バーゲンでは使えなかったり、たばこは不可だったり等、購入時に制約が付く百貨店もある場合があります。規約がころころ変わる百貨店もありますので、友の会利用の際は必ず百貨店側に詳細を確認してください。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.