時間外取引とは 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > 時間外取引を行う裏技

個人トレーダーでも「時間外取引」を行う方法

株の売買は基本的に、証券取引所の立ち会い時間内でしか行えません。具体的には東証(東京証券取引所)だと平日の朝9時から11時30分の間と12時半から15時の間だけしか、売買は行えません。ネット証券では真夜中でも注文を出すことはできますが、実際に売買が完了するのは、取引所翌営業日の開始時になります。つまり15時以降に、ある会社の株価が上がりそうな経済発表があっても、株を買えるのは翌日まで待たねばならないのです。無論、売りたい場合も同様です。

ところで、ライブドアのホリエモンがニッポン放送買収工作を行った際に「時間外取引」を使ったことで、話題となりましたよね。時間外取引とは、読んで時の如く、証券取引所の立ち合い時間外に株の売買を行うという、裏技的手法です。ホリエモンのように証券市場が開く前に取り引き出来るのなら、他人よりも有利に立ち回れますよね。個人トレーダーでも時間外取引を行う術はないのでしょうか?

実は個人でも夜中に売買を成立させることができる「時間外取引」を行う方法があります。それは、SBI証券で利用できるPTS取引という方法です。

PTSとは、日本証券業協会の定める「上場株券等の取引所金融商品市場外での売買等に関する規則」などにしたがって行われる、取引所金融商品市場外取引です。平たく言えば、東証などの既存の証券取引所を介するのではなく、証券会社などが持つ私設の取引所(SBI証券の場合はジャパンネクストPTS)を使って、株式の売買を行うということです。とはいっても、扱う株式は通常の東証などで売買されるものと全く同じです。PTSで買った株式を東証で売る事(またはその逆)も、勿論可能です。

 

PTS(時間外取引)でリスクヘッジを!

東証は昼の15時で取引終了ですが、PTS市場を使えば、東証が閉まった時間外でも売買が可能です。具体的には、朝8:20〜夜の23:59まで、つまり東証が開くより少し前から、日付が変わる寸前の夜中まで、PTSで株の売買が出来ます。

もっといえば、SBI証券を使えば、ザラ場中なら東証とPTS市場を比較して、より有利な価格で売買する事も可能になります。PTSを上手に使えば、投資利回りを更に高める事も可能なのです!

決算発表やリコールなどの不祥事問題など、企業の広報(プレスリリース)は決まって株式市場が閉じたあと、15時以降に発表されます。企業側は株価への影響を少しでも緩和しようと企むのでしょうが、投資家にとっては、株価に影響がある発表がなされても売買できないのは、非常にリスクの高い話です。

取引所が閉まった夕方以降に売買が行えれば、他の投資家が翌日まで待たねばならない所を先取りできる訳です。SBI証券に口座を持っていれば、PTSの時間外取引で、資産運用のリスクヘッジ手段を持つ事になりますよ。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.