WEB金融新聞

悪質業者に騙されるな!ビットコインセミナーの9割以上は詐欺!

HOME > お金を貯める・増やす > ビットコインセミナーの9割以上は詐欺!

近年、ビットコインを筆頭に仮想通貨が強烈なバブルを見せています。仮想通貨全体の時価総額は、2017年当初は170億ドル程度だったのが、当稿執筆時の17年12月現在は3400億ドル(約38兆円)と20倍にまで暴騰しています。「2chの悪ふざけ」と馬鹿にする口コミが大半だったモナーコインですら、2017年の1年間で100倍以上に値上がりしています。


※画像出典;coinmarketcap.com

仮想通貨の暴騰っぷりは、テレビのニュースやワイドショーでも取り上げられることから、投資経験のない一般人でも仮想通貨に興味を持つ人が増えています。

そんな素人に対して、詐欺を仕掛ける悪質な輩も増えており、仮想通貨業界の大きな問題になっています。特にビットコインに関するセミナー・勉強会などは、その9割以上が何らかの形で詐欺・ボッタクリビジネスが絡んでいるので、初心者の人は特に注意が必要です。

彼らにとっては、セミナーに来る素人などはまさに「ネギを背負った鴨」なので、様々な手法でお金を奪おうと待ち構えています。ビットコインセミナーの詐欺のパターンは・・・

・顧客の資産を持ち逃げするストレートな詐欺
・無料セミナーで釣って、ボッタクリ有料サービスに誘導する
・サクラの客を使って、別の投資話へと勧誘する
・有力なICO(新規の仮想通貨公開)があると騙す

・・・などが代表例です。まず、取引所や仲介業者自体が直接持ち逃げする、ストレートな詐欺です。「ハッキングされた!」と被害者を装って、裏で身内が持ち逃げしているパターンもあるので、注意が必要です。ビットコインを「悪い意味で」有名にしたマウントゴックス事件も、このパターンです。

次に、無料の情報で多数の素人客を集め、有料サービス(ぼったくり)に誘導するというパターンで、これは昔からある典型的な詐欺の手法です。無料セミナーだからといって安心するのは危険なのは「タダより高いものはない」のことわざ通りです。

派生系として、セミナーの中に一般客を装って話しかけて来て、別の投資話を持ちかける輩もいる、という口コミ情報もあります。男性客には若い女性の「サクラ」をあてがって勧誘するという、宗教団体などもよく使う手口も広まっているので、参加者の客にも注意が必要です。

ICO(新しい仮想通貨が出る)という話には要注意!

そして最も厄介なのが、最後のICO(新規仮想通貨発行)に関する詐欺です。ICOとは「Initial Coin Offering(イニシャル・コイン・オファリング)」の略で、企業が『株式市場で行う資金調達(IPO)』と同じような事を、現金ではなく仮想通貨で行って資金調達するという制度です。

※ICOは、株のIPOと似た仕組みですが、仮想通貨が「お金」と明確に定義されている国はほとんど無いので、既存の法律(日本なら金融証券取引法)の対象外になります。そのため、適当な準備書類(ホワイトペーパー)をネット上で公開する程度で資金調達出来るので、お金だけ集めてトンズラする詐欺会社も多数出現しているのです。

詐欺の具体例としては「ビットコインは既にバブル!これから上がる未公開の通貨を紹介する」などとセミナーで唆し、実体のないインチキ通貨に多額の投資をさせて金をだまし取るのです。

株式投資でも、IPO株を上場前に購入できれば、高騰する可能性が高い上場直後に売れば高確率で儲かる事が、よく知られています。「仮想通貨のICOもこれと同じだ」等と投資家を説得すれば、儲け話に乗りたい初心者は騙されやすいのです。

現在、世界中でICOの詐欺案件は激増しており、大きな社会問題になっています。海外では中国や韓国のように、ICOを完全禁止にする国も出て来ています。日本でも、ICOに関連する儲け話は極めて詐欺のリスクが高い上、前述のように金融証券取引法の対象外なので、投資家保護の仕組みも弱いので損失を出しても救済が難しい・・・という落とし穴もあるのです。

そもそも、本当に「確実に儲かる話」などあるのなら、アカの他人である貴方に教えることなどありえません!セミナー業者の人間が自分で投資するか、それが無理でも身内の人間にやらせて、自分たちで利益を独占するはずです。「貴方だけ特別に〜」なんて美味い話は、アカの他人には絶対に回ってきません。そんなことを言うセミナー屋は間違いなく詐欺師です!

ビットコインセミナーの9割以上は詐欺!まとめ
・仮想通貨セミナーでは、様々な形式で貴方のお金が狙われる!
・客を装って近づいてくる詐欺師も居るので注意!
・ICO(新しい仮想通貨が出る)という話は、最も危険が多い!
・個人情報が名簿屋へと流出し、スパム電話が激増する!

歴史を振り返ると、過去にも未公開株やワイン投資、海外不動産投資やマルチ商法に至るまで、数々の儲け話とそれにまつわる詐欺が繰り返されてきました。仮想通貨の場合、実際にビットコイン長者は生まれ、テレビで盛んに放映されて口コミが広まっている分、儲け話に説得力があるので、詐欺する側にとっては極めて都合の良い状態なのです。

ICO話などは、セミナー屋自体も騙されている(本当に新しい仮想通貨が出ると信じて勧めている)ケースもありますが、彼らに悪意があろうが無かろうが、最終的に貴方がお金を失うという事実には変わりないのです。とにかくビットコイン・仮想通貨のセミナーには、様々な手口で素人からお金を奪おうとする詐欺師が蔓延しているので、下手に近づかない方が良いです。

また仮にそのセミナーでは騙されなかったとしても、参加者の個人情報は間違いなく名簿屋に売られるので、二次被害のリスクもあるのです。一度「鴨のリスト」に個人情報が載って出回ると、その後も太陽光だのアパート経営だの、様々なインチキ業者から勧誘の電話やスパムメールが絶えなくなってウザい・・・という口コミが多いので注意が必要です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.