WEB金融新聞

仮想通貨でハッキングや詐欺リスクを避ける方法

HOME > お金を貯める・増やす > 仮想通貨でリスクを避ける方法

現状における仮想通貨の最大の問題点は、詐欺やハッキングなどの安全性が弱い事です。ビットコイン長者が生まれている事は、テレビや雑誌で報じられたり、SNSなどネットの口コミで広がっています。しかし、仮想通貨に興味のある人は非常に多いにも関わらず、実際に投資しているという人はごく少数です。

「なぜ、興味があるのに仮想通貨を買わないのか?」というアンケートに対し、最も多いのが、信頼性の低さを危惧する回答です。「持ち逃げ詐欺に遭うのが怖い」とか「取引所が胡散臭い会社だ」「個人情報の漏洩が心配」など、安全性・セキュリティ面での不安が多い事が、投資を避けている最大の理由です。

一方で2017年秋現在でも、ビットコインなど仮想通貨の価格は、中国の規制問題などネガティブサプライズが続いているにも関わらず、値上がりを続けています。このバブルに乗らないのは勿体ない、指を咥えて見ているだけでは機会損失だ、と思っている人も相当多いはずです。何とか、安全に仮想通貨に投資する方法は無いのでしょうか?

最も有力な方法は、もう少しだけ我慢して、金融大手が取引所を開設するのを待つ事です。仮想通貨の信頼性で最も脆弱なのが、取引所を運営するのが得体の知れない会社だという事です。2017年現在、日本で最も有名なのは「ビットフライヤー」「コインチェック」「Zaif(ザイフ)」の三社です。ビットフライヤーなどはテレビCMを行っており、それなりに知名度は上がってきてはいますが、それでも大半の人にとっては「そんな無名な会社、大丈夫なのか・・・」と心配に思うはずです。

2017年9月に一旦締め切られた、金融庁の仮想通貨取引所の登録に、ビットフライヤーやZaifも認可を受けましたが、それでも経営の信頼性は十分ではない・・・と感じる人は多いです。

しかし実は、株取引で実績のある既存の証券会社も、金融庁の仮想通貨取引所に登録を済ませた会社が幾つかあります。中でもネット証券最大手のSBIグループが認可を得た事が、投資家にとっては最大の朗報です。

SBIグループの取引所オープンや、ビットコインETFなら安全

SBI証券が仮想通貨を行うとなれば、多くの人が安心して口座開設を行う事になるでしょう。上場企業でもある天下のSBIグループですから、マウントゴックスのような会社ぐるみの詐欺に遭う事も無いでしょうし、ハッキングなどのセキュリティ対策も、資金力や証券で培ったノウハウがあるので、新興の無名企業より優れているのは当然でしょう。

SBIグループの北尾社長は、週間東洋経済(2017.11/4号)のインタビュー記事で、仮想通貨事業を強化していくと話しています。セキュリティ対策が万全になれば、取引所をオープンする事も明言しており、将来的にはICO(仮想通貨発行による資金調達)のビジネスにも参入する予定があるとも述べています。

現在の仮想通貨市場は、マーケティング用語で言う「イノベーター」だけが参加しており、アーリーアダプターやアーリーマジョリティの参加こそが、市場を拡大するうえで肝になります。SBIグループが仮想通貨の取引所を開設した時が、日本で一般層〜アーリーマジョリティにまで普及する大きな転換点となるはずです。

そしてもう一つが、ETF(上場投資信託)の登場を待つという方法です。実はアメリカでは既に、ビットコインに連動するETFの上場申請が何度も行われています。これまで、投信会社ヴァンエック社やウィンクルボス兄弟など、数多くの事業体がビットコインETFの上場申請を行ってきましたが、投資家保護などを理由に却下され続けています。しかし近い将来、上場が認可される可能性は十分あるので、それを待つという訳です。

ETF化されれば、S&P500指数やTOPIXなどのように、既存の株式取引と同様に証券会社で売買できますから、詐欺に遭うリスクとは無縁です。ビットコインだけでなく、主要な仮想通貨をまとめた指数(インデックス)を作ろう〜という動きもあるので、仮想通貨全体に投資するETFも登場するやも知れません。しかもETFなら税金が少なく済む※注)という裏のメリットも発生する可能性が高いので、二重にお得です。問題点は、SBIグループの取引所オープンよりも更に後発となる事は確実で、しかも上場できるかどうかも未定だという点です。

※注;既存の仮想通貨売買は「雑所得で総合課税」という最悪の税務処理を余儀なくされるので、最大で値上がり益の50%が税金で消えます。ETFなら株式と同じなので、税率は20%の申告分離課税で済むので、圧倒的に有利です。

どうしても先回りで仕込むならウォレットは必須!

ETFの登場や、SBIグループが取引所開設するまで待てない…という人は、既存の会社で仮想通貨を買い、ウォレットに移動させておくことが重要です。ウォレットとは、仮想通貨を自分のパソコンやスマホなどに作る「電子財布」のような存在で、取引所にそのまま置いておかずに、自分の手元に移すというリスクヘッジ方法です。

仮想通貨を取引所の口座内で置いておくと、マウントゴックス事件のようなハッキングや悪質社員の持ち逃げリスクに晒されたままです。自分のPCやスマホのウォレット、もっと厳重に行きたいなら専用のハードウェアウォレットにダウンロードしておけば、胡散臭い取引所で被害に合うリスクは避けられます。無論、貴方がウォレット自体を厳重に管理していないと、仮想通貨を直接盗まれるリスクはありますが、得体の知れない会社に任せておくよりはマシでしょう。

仮想通貨で詐欺リスクを避ける方法まとめ
・SBIグループなど大手の取引所がOPENするのを待つ
・米国でビットコインETFが登場するのを待つ
・既存の中小取引所で買う場合は、必ずウォレットに避難させる

このように、仮想通貨で詐欺などのトラブルを避けるには、幾つかの方法がありますが、どれも別のデメリットが存在します。ETFの登場を待っている投資家は世界中に数多いので、その後では大きな値上がり益は得られないかも知れません。様々なリスクを恐れず、思い切ってお金を投資できる人こそが、先行者利益で大きく儲けられる人ですが、最後は自己責任なのでセキュリティには十分に注意が必要です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.