WEB金融新聞

つみたてNISAと確定拠出年金(ideco)はどちらを優先すべき?

HOME > お金を貯める・増やす > つみたてNISAと確定拠出年金

2018年から従来のNISAに加えて「つみたてNISA」という新しい制度が始まります。つみたてNISAは、年間40万円までと投資額が制限されますが、期間が最大20年間保有できるということで、より老後の資産設計に向いている制度になっています。

一方で2017年からは、確定拠出年金(ideco・401k)も加入条件が緩和され、サラリーマンでもほぼ全ての人が加入できるようになりました。サラリーマンや専業主婦など制限の多い属性だと年間14.4万円、自営業者・フリーランスなど枠が最大の属性なら81.6万円掛けられます。

確定拠出年金は60歳まで引き出せないという制限があるものの、40歳以下の人ならつみたてNISAよりも更に長い期間の運用も可能です。そして何より、掛け金が全額所得控除になり、税金(所得税や住民税)が減らせられるという、節税メリットがあります。

NISA・つみたてNISA・確定拠出年金の比較表
  NISA つみたてNISA 確定拠出年金
年間最大投資額 120万円 40万円 14.4〜81.6万円
(職業により異なる)
最大運用期間 10年 20年 拠出は60歳まで
資金の所得控除 なし なし 全額控除
運用益や配当の税金 非課税 非課税 非課税
途中解約 ×
運用商品 全上場個別株
投信など
金融庁認可の投信のみ 各社毎の投信のみ
備考 - お金のない人は
最優先すべきツール
自営業者には最強の
節税ツール!

確定拠出年金とつみたてNISAは、共に老後の生活を賄うための資産運用手段として、極めて優れている制度です。お金に余裕がある人(特に自営業者)は、ぜひ満額掛けて運用すべきです。

一方でお金に余裕がない人は、選択に迷うことでしょう。確定拠出年金は年21.6万円(サラリーマンの場合)、つみたてNISAは年40万円かけれますが、両方利用するほどお金に余裕がない人は、どちらを選ぶべきなのでしょうか?結論からいうと・・・

両方使える余裕が無い人は、つみたてNISAを優先すべき!

となります。その理由は二つあり、一つ目はつみたてNISAは途中でお金を引き出せますが、確定拠出年金は60歳までは一切お金を下ろせない制約があるからです。年間約60万円(月5万円)を拠出するのが無理だという人は、当然ながら家計に余裕が無い人です。天災や家族の病気など、不慮の事態でまとまったお金が必要になったとき、つみたてNISAなら途中解約でお金を下ろすことが出来るので、リスク耐性が高いのです。

確定拠出年金は(本人の死亡を除けば)途中で解約が出来ないので、家計に不測の事態があっても対処できません。よって親戚中に頭を下げまくって借りるか、カードローンなどで借金するしかない訳です。確定拠出年金は、専門用語でいう「流動性リスクが高い」金融商品なので、お金に余裕がない人には注意が必要な運用方法なのです。

確定拠出年金は低所得の人には節税メリットが薄い

もう一つの理由は、確定拠出年金(ideco)の節税メリットの恩恵を受けれるのは、ある程度収入が多い人に限られるからです。前述したように確定拠出年金には、掛け金が全額所得控除になって税金が減らせられるという、NISAには無いメリットを備えています。

しかし、確定拠出年金とNISAの両方掛けるのが難しい低所得の人は、そもそも税率が最低ラインなはずです。よってそもそも収入が少ない人は、所得控除があろうが無かろうが、税金はほとんど変わらないので、確定拠出年金のメリットが薄いのです。

例えば、確定拠出年金の枠が最も大きい個人事業主でも、課税所得が150万円しか無い人は、満額掛けても節税額は『81.6×5%=4.1万円』の節税に過ぎません。一方で課税所得1千万円の人なら『81.6×40%=32.6万円』も税金を減らせます。

※要するに高所得な人(=所得税率が高い)ほど確定拠出年金のメリットが大きくなります。

ということで、確定拠出年金とつみたてNISA、両方を掛ける余裕が無い人は、つみたてNISAを優先して投資する事をお勧めします。両方掛けれるだけのお金がある人は、2つの制度両方とも利用するのが、最も経済合理性の高い行為です。

つみたてNISAと確定拠出年金はどちらを優先すべきか?
・お金が無い人は、つみたてNISAを優先すべき
確定拠出年金は途中解約できないデメリットがあるから
確定拠出年金の節税メリットは、低所得の人は恩恵が薄いから

つみたてNISAでは、金融庁が認可した100種類ほどの投資信託だけが対象です。全ての投信を揃えていない証券会社が大半ですが、SBI証券 はつみたてNISA対象の全投信を取り扱っているのでお勧めです。

投資信託にはアクティブファンドとインデックスファンドというのがあります。長期的にどちらのパフォーマンスが優勢になるのかは神のみぞ知る所ですが、インデックスファンドの方がコスト(信託報酬)が安いという確実なメリットがあります。従って資産運用の教科書として答えるなら、インデックスファンドを選ぶことがベターな選択です。

また日本株と外国株、外国株の中にもアメリカ株などの先進国タイプと、中国やインドなど新興国タイプ、と様々な種類があります。これも一つに肩入れしないで世界中に分散投資させる事が、資産運用の基本です。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.