株の空売りとは 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > 株の空売りとは? 

株の空売り〜値下げ局面でも儲ける方法

Yahoo!ブックマークに登録    このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークに登録

株の空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で利益を得る投資方法の事です。株の空売りを行うには、信用取引口座が必要です。(⇒信用取引とは?

例を挙げて説明すると、現在10万円のA社の株を借り、その場で売却すれば10万円が手に入りますよね。その後A社株が9万円に値下がりした時に、再び買い戻せば、費用は9万円で済みます。これで借りていた株を返却すれば、差し引き1万円の利益が手に入ります(別途手数料等が必要)。

つまり空売りで儲けを出す為には、通常とは逆に「将来値下がりしそうな株」をあえて狙う事になります。但し通常とは異なるリスクもあります(空売りの注意点)。

空売りの図解

空売りを活用すれば、株価が上昇局面の時だけでなく、値下がり局面の時でも利益を得られるということです。空売りが行われだした当初は、ちょっとした盲点を付いて儲ける裏技でしたが、今ではすっかり個人投資家にまで浸透しました。

ちなみに空売りで株を貸し出す側の人は、手数料を貰える仕組みになっています。株を貸し出す側のほとんどが法人で、その大半が会社同士の持ち合い株です。どうせその株を持ち続けなきゃいけないので、株を貸すだけで何もしないでノーリスクで(自分で空売りすると、値上がりした場合は損をするので)利益を得られるのだから、貸し出しに応じるのです。とはいえ、一般トレーダーは株の持ち主と交渉したりする必要は無く、信用取引口座があればそれでOKです。証券会社を通じて株を借りるという形ですので、難しい手続きなどは必要ありません。

ただし一つ注意しておきたいのは、空売りするときには「逆日歩(品貸料)」という、株を借りる為の利子を支払う必要がある場合もあることです。逆日歩は銘柄毎に個別に異なり、例えば「0.1」という逆日歩が設定されている銘柄なら、一日に一株当たり0.1円の利子が掛かります。逆日歩が必要かどうかは、証券会社や銘柄によって異なるので、各証券会社の口座内でご確認ください。

空売りで株式市場が値下がり局面の時にも稼ぎたい人は、まずは信用取引で手数料の安い松井証券楽天証券などで口座を開設しておきましょう。特に信用取引が最も充実している松井証券がお勧めです。空売りで使う信用取引口座は、まず通常の口座開設をしてからの話になります。

塩漬け株を空売りの担保として利用する裏技

また、塩漬け株を持っている場合も、空売り戦略でなら活用する事が出来ます。塩漬け株とは、値下がりが続いていて売るに売れない株のことです。いわゆる「含み損」というやつです。

空売りに必要な信用取引口座には、担保となる資金が必要なのですが、これは債券や有価証券・・・つまり株でも代用できるのです(証券会社によって条件は異なる)。つまり空売りしたい時は、塩漬け株を担保株として利用することも出来るのです。本来は『死んだ資産』であり、資産運用の足かせに過ぎない塩漬け株も、信用取引で担保として使えば『生きた資産』として活用することが出来る、ちょっとした裏技的な方法です。

株を貸す側に回るという考え方もある

また松井証券カブドットコム証券SBI証券 などでは、株を貸す側に回って金利収入を得られる「貸株サービス(松井証券では「預株」の名称)」も用意されています。空売りをする際には、元手となる株式が必要なので、空売りしたい人たちに株を貸す側に回るというものです。もちろん、直接投資家と交渉する訳ではなく、証券会社が全ての処理を代行してくれます。

株を貸せば、平均で年0.3〜0.5%程度、最大で5%もの金利収入が得られます(金利は毎月変動)。しかも株を貸していても、その株の配当金はしっかり受け取れます。長期保有を前提に株を買うなら、これらの証券会社で購入して、保有期間中は貸株サービスを利用すれば、普通に保有し続けるよりも有利な資産運用が出来ます。


    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.