WEB金融新聞

株の空売りとは?

HOME > お金を貯める・増やす > 株の空売りとは

株の空売りとは、証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻して返却する事で、利益を得る投資方法の事です。初心者の人には理解が難しい手法なので、空売りの仕組みやそのリスクを、分かりやすく解説してみます。

空売りとは?目次
1.空売りの仕組み
 二種類の空売りがある
 各銘柄の空売り状況を調べる方法
2.空売りのデメリット
 空売りできない銘柄もある
 空売りのコスト(手数料)
 空売りの損失は無限大
3.空売り用に株を貸して金利を得る裏技

1.空売りの仕組み

まず空売りの仕組みを、例を挙げて説明してみます。株価が10万円のA社の株を証券会社から借りて、その場で売却すれば、とりあえず貴方の手元に10万円が手に入りますよね。その後A社株が9万円に値下がりした時に買い戻せば、その費用は9万円で済みます。これで借りていた株を返却すれば、差し引き1万円の利益が手に入る・・・というのが空売りの原理です。

空売りの図解

つまり空売りで儲けを出す為には、通常とは逆に「将来値下がりしそうな株」をあえて狙う事が有効な投資方法になります。

二種類の空売りがある

空売りには「制度信用」と「一般信用」という、二種類の仕組みが存在しています。制度信用のほうが広く一般的に使われており、どの証券会社でも空売りできます。一方で「一般信用」という方は、その名に反して一般的ではなく、一部の証券会社のみが独自に行っている、特殊な制度です。証券市場における大半が、制度信用の空売りです。

いずれにせよ、空売りを行うには「信用取引口座」を開設する必要があります(⇒信用取引とは?)。しかも、信用取引にはリスクも多いので、多くの証券会社では信用取引口座の開設に「売買経験が1年以上」などの制限が設けられています。つまり、投資の初心者がいきなり空売りを行う事は、事実上禁止されている訳です。

各銘柄の空売り状況を調べる方法

どの企業の株が、いくら空売りされているのかを調べる方法は、ヤフーファイナンスをみるのが手っ取り早いです。各企業個別ページの時系列データ内の「信用残時系列」というのをクリックすれば、一週間単位の信用取引の残高が記されています。その表の「売残」の部分が、空売りの残高状況です。


※画像出典;ヤフーファイナンス

但し残念なことに、信用取引の残高は週1回しか集計されませんので、最大で1週間のタイムラグがあることになります。日々の空売り残高を正確に知る方法は、実は存在しないのです。

2,空売りのデメリット

上記で見たように、空売りは市況が悪い〜下げ相場の際にも利益を上げることができる、裏技的な投資手法です。一見すると、とても素晴らしい方法に見えますが、一方的に便利な手段というわけではありません。それどころか、空売りはデメリットも多く、初心者にはリスクが高い方法だとも言えるのです。ここでは、そのデメリットを分かりやすく解説してみます。

空売りできない銘柄もある

一つ目のデメリットとして、空売りできる銘柄と、できない銘柄が存在するという事です。具体的にいうと「貸借銘柄」に指定されている企業の株は空売りできますが、「信用銘柄」という分類なら空売りは出来ません(一部例外あり)。

東証一部の有名企業はほとんどが貸借銘柄です。トヨタもソニーもソフトバンクも貸借銘柄なので、空売りが可能です。一方でジャスダックや東証二部などに上場しているマイナーな企業だと、空売りが不可能な「信用銘柄」であるケースも多いです。例えば【2928】ライザップグループ(札幌証券取引所上場)は、当稿執筆時(2018年5月)は信用銘柄なので空売りできません。

貸借銘柄か信用銘柄かという判別は、ヤフーファイナンスでは簡単に分かりません。証券会社の売買画面だと大抵は判別できるはずですし、SBI証券ならログインしなくても、証券コードを打ち込めば、貸借銘柄か否かが分かります。

※「信用売残」があっても貸借銘柄とは限りません。ヤフーファイナンスの信用残高は、証券会社が独自に貸出を行う「一般信用取引」の空売りもカウントされているからです。

要するに一般信用取引の空売りは、証券会社ごとに別なものなので、例えば「SBI証券なら空売り可能だけどカブドットコムでは不可能」というような状況もあります。また一般信用取引での空売りは、貸株の数が少量なので、決算期前など需要が多い時期には、早々に在庫切れになっている(空売りできない)ケースもあるので、注意が必要です。一般信用での空売り銘柄が多い会社は松井証券で、SBI証券 楽天証券がそれに次ぐ多さです(可能銘柄は各社とも年々増えています)。

空売りのコスト(手数料)

空売りのデメリットの二つ目は、コストが高いことです。売買手数料がかかる点は、普通に株を買う時と同じですが、空売りしている最中には金利がかかります。年率2〜3%程度と高額では無いですが、注意は必要です。

また正式な空売り方法である、制度信用取引での空売りには「逆日歩」という特別コストが発生することもあります。逆日歩は金利のようにあらかじめ判明しておらず、その日その日の需給状況によって、突然発生するコストです。しかもいくら掛かるのかという金額も、事前には分からず、酷いケースだと1日に株価の100%超というとてつもない逆日歩が発生した銘柄も過去にはありました。

※2012年9月25日、株価15円という低位株の【7647】音通に、一日18円という株価を超える逆日歩が付きました!株主優待をクロス取引で狙った個人投資家が殺到し、貸株が記録的に不足したことが原因でした。

ゆえに、優待株で人気の企業や、 倒産が懸念される企業などへの空売りは、値下がり益以上の逆日歩が発生するリスクがあることには、十分注意が必要です。

空売りの損失は無限大!

そして空売りの最大のデメリットは、利益は少ないのに損失は無限大であることです。例えば株価1500円のA社株を空売りした場合、最大限に利益が得られても、株価の100%未満です(1円まで暴落した際の1499円)。株価はゼロ未満にはならないからです。

一方で、株価の上昇に制限はありません。1500円の株価が5千円にも1万円にもなる可能性だってあるのです。1500円で空売りしたものの、読みが外れて5千円に上昇した所で決済すれば、損失は230%超(ー3500円)にものぼります。

つまり空売りという行為は、通常の株の買い持ちとは真逆で・・・

★利益は100%未満、損失は無限大!

という強烈なリスクを抱えているのです。しかも株式市場に関わるほぼすべての人が、株価が上昇する方向へと努力するので、空売りは「川の流れに逆らう危険な行為」なのです。この点については空売りの注意点のページで詳しく解説しています。

3.空売り用に株を貸して金利を得る裏技

また松井証券SBI証券 などでは、株を貸す側に回って金利収入を得られる「貸株サービス(松井証券では「預株」の名称)」も用意されています。空売りをする際には、元手となる株式が必要なので、空売りしたい人たちに株を貸す側に回るという訳です。もちろん、直接投資家と交渉する訳ではなく、証券会社が全ての処理を代行してくれます。

株を貸せば、平均で年0.3〜0.5%程度、最大で5%もの金利収入が得られます(金利は毎月変動)。しかも株を貸していても、その株の配当金はしっかり受け取れます。長期保有を前提に株を買うなら、これらの証券会社で購入して、保有期間中は貸株サービスを利用すれば、普通に保有し続けるよりも有利な資産運用が出来ます。

また、塩漬け株を持っている場合も、空売り戦略でなら活用する事が出来ます。塩漬け株とは、値下がりが続いていて売るに売れない株のことです。いわゆる「含み損」というやつです。

空売りに必要な信用取引口座には、担保となる資金が必要なのですが、これは債券や有価証券・・・つまり株でも代用できるのです(証券会社によって条件は異なる)。つまり空売りしたい時は、塩漬け株を担保株として利用することも出来るのです。本来は『死んだ資産』であり、資産運用の足かせに過ぎない塩漬け株も、信用取引で担保として使えば『生きた資産』として活用することができる、ちょっとした裏技です。

空売りとは?仕組みやリスクまとめ
・空売りは通常とは逆に、値下がり株で利益を得る方法
・信用取引口座が必要。また全ての株が空売りできる訳ではない
・買い持ちに比べて遙かにハイリスクなので注意!

このように空売りは、市況が悪い時や業績の悪い銘柄でも利益を上げられる便利な手法である反面、非常にハイリスクで初心者がいきなり手を出してよい投資方法とは言い難いです。当サイトでは、空売り自体を完全非推奨というわけでもありませんが、もし行うなら上記の内容を熟読し、また損切りラインを明確に定めてから行う事が必須だと心得て下さい。

※当ページへのリンクはご自由にどうぞ。但し画像・文章の転記や複製は禁止です。引用される際は当ページへリンクして下さい。
Copyright (C) 2016 http://www.777money.com/ All Rights Reserved.