金融商品比較 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > ヘッジファンド

ヘッジファンドの利回りやコスト(手数料)

ヘッジファンドと聞けば、反射的に「高い利回りが期待できる」と思っている人が多いはずです。確かに、一部の大富豪からしか資金を募らない本物のヘッジファンドでは、極めて高い利回りを出しているようです。

但し、そのような本物のヘッジファンドは、最低投資額が1千万ドル(10億円)クラスですから、ここで論じても無意味でしょう。以下は、我々一般人でも投資可能な、1万ドル程度から投資できるヘッジファンドについての分析です。

■期待利回り;10%超?
■手軽さ;一般販売も増えたが・・・
■流動性;解約に制限多し
■リスク;極めて高い
■最低投資額;三流でも一万ドル〜
■コスト;手数料が非常に高い
■税金;雑所得で総合課税?

少額でも投資できるヘッジファンドについては、橘玲氏の「賢者の海外投資術」の記述が、最も的を得ています。橘氏は「一般の投資家相手に販売しているヘッジファンドは、富裕層に相手にされない”落ちこぼれ”である」と結論づけています。

例えば100億円の運用をする場合、10人から10億円ずつ預かるのと、1000人から1千万円ずつ預かるのでは、当然ながら前者の方が顧客対応コストが抑えられるので、運用が楽です。また、M&Aや企業買収などの大規模な運用を行う為には、まとまったタネ銭を確保する必要があり、資金の流出は出来るだけ抑えたい訳です。沢山の顧客を抱えると、当然ながら解約したいという人間も出てきます。特に貧乏人は資金に余裕がないため、富裕層よりも解約率が高いので、資金の保全が難しくなります。

これらの理由から、一流のヘッジファンドは、一般庶民から金を集めるような非効率なことは、絶対に行わないのです。従って、庶民にも門戸を開いているようなヘッジファンドは、2流3流のファンドばかりになることは明白でしょう。

そのうえ、ヘッジファンドのコスト(手数料)は、一般の投信よりもはるかに高額です。仮に市場平均を上回る利回りを上げたとしても、高い手数料を差し引けば平均以下に落ちるというケースも少なくありません。

以上を勘案すると、ヘッジファンドへの投資は、失敗に終わる確率が高いと思われます。特に、一般人相手にDMを送ってくるような連中は、資金を持ち逃げする詐欺集団である危険性もあります。貴方が大富豪でもない限り、美味しい話など絶対に回って来ないという「現実」を理解すべきですよ。

 

金融商品一覧
日本株 投資信託 ETF
個人向け国債 新窓販国債 個人向け社債
ジャンク債 劣後債 外国債券
外国債券ファンド 外貨預金 FX(外貨預金として)
CFD 金地金 金ETF
不動産投資 REIT ヘッジファンド
デパート積立預金 ソーシャルレンディング マイクロファイナンス投資


    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る



WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.