金融商品比較 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングへの投資

ソーシャルレンディングという言葉、聞いたことがありますか?ソーシャルレンディングとは、個人や小規模事業主への無担保ローンの一種ですが、貸し手が金融機関ではなく、個人投資家になった形式のローンです。

ソーシャルレンディングでは、お金を借りたい人が、融資希望額や理由(用途)を申し出ます。それに対して、借り手の希望理由などに賛同した個人投資家が、自分のお金を好きな額だけ融資します。運営会社が間に入り、借り手の信用情報や回収を担当しますが、あくまで「誰にいくら融資するのか」を決めるのは、出資する投資家自身です。

■期待利回り;4〜8%程度
■手軽さ;投資対象は自分で吟味
■流動性;途中返金は困難
■リスク;貸し倒れリスクを全て負う
■最低投資額;5万円程度から
■コスト;1.5〜2%
■税金;雑所得として総合課税

現在、日本で運営されているソーシャルレンディングは、AQUSH、Maneo、SBIの三社があります。データを公表しているAQUSHの場合、借り手の平均金利は9.04%、そして貸し手が得られる金利は平均7.54%とされています。借り手の平均年齢は44歳、平均借入額は約51万円だそうです(いずれも2011年7月現在)。借り手の目的は、新たにビジネスを始めたい(事業資金)、母子家庭の子供の進学費用などから、現在のローンの借り換えなどと、実に多彩です。

 

貸し倒れリスクは全て投資家が背負う

我々が銀行預金したお金も、結局は企業や個人に融資されるわけですが、自分のお金が誰にどう使われているのかは全くわかりません。しかしソーシャルレンディングでは、自分のお金を誰にどれだけ貸すのかは、全て自分で決められます。そのため、単なる資産運用というだけでなく、自分のお金が誰かの役に立っているという満足感も得られます。ソーシャルレンディングの貸し手は、資産運用でもありますが、寄付やボランティアにも似た性質も持っていることになります。

但し注意したいのは、借り手が支払い延滞したり自己破産したりすると、貸し手である貴方に直接「貸し倒れ」が発生することです。つまり最悪の場合は、貸したお金が全く戻って来ないリスクもあるのです。

しかし自分の資産運用が、お金に困った人への直接援助になるという充足感は、他の投資では中々実感できない事です。リスクがあることを十分把握した上でなら、ソーシャルレンディングの出資者になることは、極めて有意義な投資となることでしょう。

 

関連:低金利なローンへ借り換えする方法〜ソーシャルレンディングを使った借入の一本化。

金融商品一覧
日本株 投資信託 ETF
個人向け国債 新窓販国債 個人向け社債
ジャンク債 劣後債 外国債券
外国債券ファンド 外貨預金 FX(外貨預金として)
CFD 金地金 金ETF
不動産投資 REIT ヘッジファンド
デパート積立預金 ソーシャルレンディング マイクロファイナンス投資

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.