金融商品比較 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > 個人向け社債

個人向け社債の問題点

社債は本来、数億円単位で購入してくれる「機関投資家(法人)」へ販売する物でした。しかし近年では、一般向けに販売する「個人向け社債」の発行も増えています。

個人向け社債の購入は、証券会社を通じて行います。但し株式と違い、常に売買出来るマーケットがある訳ではなく、基本的に公募時にしか購入できません。個人投資家からの人気が高まっていることもあり、抽選でしか購入できないケースも少なくありません。また途中売却についても、コストや時間が掛かる問題があります。

■期待利回り;1〜3%程度
■手軽さ;制限多い
■流動性;制限多い
■リスク;会社の経営破綻
■最低投資額;100万円程度
■コスト;表面上は無いが・・・
■税金;利子は20%の源泉分離課税

社債を購入した投資家は、毎年定められた利息を得られつつ、満期が来たら元本が返金されます。社債を購入することは、その企業にお金を貸すということです。

社債は、預貯金や国債といった元本保証型の金融商品と比較して、平均的に利息が高いことが特長です。例えば、近年人気を集めたSBI証券の社債は、利息が税引き後で年1.5%程度ありました。株式の配当金に比べれば少ないですが、株式には価格変動リスクがあるので、元本が目減りする恐れもあります。社債なら、満期が来れば元本が戻ってくるので、元本割れリスクは極めて低いです。そのうえ1.5%程度の利息が付くことは、投資家には魅力的に写ったのでしょう。

但し、社債の元本保証は、あくまでその会社が保証すると言っているだけです。会社が破綻すれば、社債が元本割れする(元本の一部しか返金されない)可能性が高まります。ですから、社債の利回りと倒産リスクは基本的に比例します。経営が安定している会社の社債ほど、安全性は高いですが、その分利息は低く押さえられています。

 

リスクに対して利回りが見合わない!?

人気の個人向け社債ですが、その成り立ちからして、一つの疑念があります。なぜコストが掛かって面倒な個人投資家に販売するのか?それはその企業の社債が、そもそも機関投資家には買って貰えないからでは?とも見れるはずです。財務内容が悪く、信用格付けが低い企業の社債は、機関投資家は(社内規定などで)買えないことも多いです。ゆえに仕方なく、個人投資家から資金調達している企業もあるということです。

それに反して、個人向け社債は、一般の社債に比べて利息が低く抑えられているケースが多いようです。その理由として、個人向けの販売は数百万円単位ですから、一社で数億円買ってくれる機関投資家に対してよりも、販売〜管理コストが掛かってしまうからです。もう一つの理由として、個人投資家に人気である為、発行する企業側が強気の設定(利率を低くする)をしても、十分完売できるからです。要は個人投資家が、足元を見られている訳ですね。

このように個人向け社債は、色々と問題がある「いわく付きの商品」と言っても過言ではありません。そのリスクに比べれば、利回りはかなり低い場合が大半なので、積極的に購入すべき金融商品とは言えないでしょう。投資する際には、このような問題点を十分把握しておくべきですよ。

 

金融商品一覧
日本株 投資信託 ETF
個人向け国債 新窓販国債 個人向け社債
ジャンク債 劣後債 外国債券
外国債券ファンド 外貨預金 FX(外貨預金として)
CFD 金地金 金ETF
不動産投資 REIT ヘッジファンド
デパート積立預金 ソーシャルレンディング マイクロファイナンス投資

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.