小額投資で稼ぐ方法 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > 小額投資で稼ぐには 

小額投資で稼ぐ方法〜ミニ株投資

株式投資を始めるには、実際にどれくらいお金があればよいのでしょうか?

最近では株式分割が盛んになったり、単元株数(取引できる最低単位)も小さくなってきましたが、それでもソニーやトヨタなどの有名大企業の株は【株価約5000円×単元株数100株】なので、最低でも約50万円はないと買えません。任天堂など、約250万円必要です。投資の基本は分散投資(=リスクを減らす為に銘柄を分散する)が基本ですから、一つの銘柄に大金をつぎ込む投資するのは、お金の少ない庶民にとってはベストな選択とはいえませんね。

そこで小額投資を余儀なくされる一般庶民が利用したいのが、単元株数未満でも売買が出来る「ミニ株」という制度です。ミニ株とは、単元の10分の1の数から取引が出来る制度の事です。例えば単元が100株のトヨタを10株単位で買う事が出来るわけです。本来なら多額の資金が必要な大企業の株主に、小額の資金しかない一般庶民でもなれるというわけです。

但しミニ株には注意点がいくつかあります。一つ目は、ミニ株は配当金は貰えるものの、株主優待はもらう事が出来ません。二つ目は買える銘柄に制限があること。東証一部・大証一部がほとんどで、マザーズやヘラクレスなどの新興市場は扱っていません。また証券会社によっても取り扱い銘柄数に差があります。三つ目は手数料が割高な事です。四つ目は、指値注文が出来ないなど、注文方法に制限があることです。

カブドットコムの「プチ株」やSBI証券の「S株」

これらの欠点を補えるのが、SBI証券 の「S株」や、カブドットコム証券の「プチ株」という制度です。この二つの制度は単元の10分の1どころか、1株単位から注文できる制度です(トヨタを1株:約5千円分だけ買うなんてことが可能)。扱う銘柄数はミニ株よりも圧倒的に多く、マザーズなど新興市場の銘柄も対象になっています。手数料もミニ株よりも安いです。

プチ株やS株の欠点は、指値注文できないこと位です。資金は多くないけど、小額投資で稼ぎたいという人は、カブドットコム証券、SBI証券を利用するのが最も賢い選択だといえます。

通常取引で手数料無料の証券会社を利用する

またミニ株などではなく通常の単元株取引でも、松井証券なら一日の売買合計10万円以下なら無料、丸三証券なら同様に20万円以下なら無料になります。この無料価格帯を利用するのも、小額取引では有効になります。

★2009年修正;丸三証券の手数料無料サービスは消滅しました。一方で松井証券の10万円以下の手数料無料は復活しました!

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.