特定口座と一般口座の違い 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > 口座毎の違い 

特定口座と一般口座の違い〜どちらが有利?

証券会社に口座を開設する際に、特定口座なのか一般口座なのかを選ぶ必要があります。また前者には源泉徴収あり・なしの2種類があり、合計3種類の口座形態から選ぶことになります。これらの違いを説明してみます。

まず特定口座とは、株式投資に掛かる税金(キャピタルゲイン税)の計算を証券会社が代理で行ってくれる便利なシステムのこと。さらに特定口座には、確定申告の手続きが必要な「源泉徴収なし」と、確定申告すら不要な「源泉徴収あり」の2種類があります。特に源泉徴収ありの場合は、税金の計算や確定申告の処理などが一切不要ですから、非常に簡単で便利です。

もう一方の一般口座とは、税金の計算から確定申告⇒税金納付まで全て投資家が自分で行う必要があります。手間は掛かるが、特定口座のように取引毎に自動で税金が引かれたりしない為に、手持ちの資金を最大限生かせることがメリットです(後述)。

口座毎の確定申告の有無

税金は一年間のトータルで計算されます。例えば、A社株の売買で2万円の利益、B社株の売買で3万円の損失を出した場合、トータルではマイナスですから税金は不要です。特定口座・源泉徴収ありなら、A社株の売却益の10%(2000円)が一旦差し引かれますが、「譲渡益税還付」という形で、後に証券会社から還付されることになります。還付の方法や時期は証券会社によって若干違いますが、取られっぱなしで損をすることはありませんのでご安心を。

また学生や主婦の人など世帯主の扶養に入っている人が投資をする場合、収益が大きいと扶養控除の適用除外となる可能性があり、税金や健康保険料などが大きく増える危険性があります。しかし「特定口座・源泉徴収あり」なら、幾ら利益を上げようとも年間所得には一切反映されず、扶養控除や配偶者控除などの適用に全く影響しません。

源泉徴収されることのデメリットも

このように「特定口座・源泉徴収あり」が最も簡単でメリットが多く見えますが、欠点も幾つかあります。一つは、株の売買で利益が出る度に自動で10%分を引かれる点。例えば10万円で買ったA社株を12万円で売却した場合、売却益である2万円が自動的に税金分10%が引かれて1万8千円分しか、証券口座に反映されないことです。

また、利益が20万円以下でも課税されるのもデメリットです。一般口座や特定口座・源泉徴収なしの場合、年間の利益が20万円以下の場合、確定申告が不要となり、税金は支払わなくてよい「益税」となるのです(主婦など収入がない人は38万円以下)。つまり特定口座・源泉徴収ありの場合と比べると、最大で2万円分の「益税」が生まれます。今後、株式投資の税金が本来の20%に戻されれば、その差は最大で4万円となります。投資金額が少額で、年間の利益が20万円以下で済むと予想できる人なら、あえて源泉徴収なしや一般口座にするのも有効でしょう。

3者の違いを表にまとめてみました。

 
確定申告
取引記録
扶養控除の適用
益税
キャッシュフロー
メリットの多い人

なお特定口座での源泉徴収あり・なしは、各年度の初回の売却取引前になら変更可能ですが、逆に言うと1年間は変更できないとも言えますから、口座開設前に慎重に考えましょう。サラリーマンの人なら、確定申告の手間を省けることから考えて「特定口座・源泉徴収あり」を選ぶのが最も無難な選択かと思います。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.