投資信託(ファンド) 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金を貯める・増やす > 投信のメリット 

投資信託のメリットやリスク

株式投資を始めたばかりの初心者は、どの銘柄を買えばよいのか迷うかと思います。リスクを避ける為に分散投資すべきですが、少額しか投資できない人は、数多くの銘柄に分散投資するのが難しいでしょう。そんな場合は、投資信託(投信・ファンド)を利用するという方法もあります。

■期待利回り;対象商品による
■手軽さ;プロにお任せ
■流動性;成行注文のみ
■リスク;数百銘柄に分散
■最低投資額;最小で千円から!
■コスト;0.5〜2%まで様々
■税金;株式と同じ申告分離課税

投資信託のメリットは、第一に少額からも株式投資ができることです。株式には「単元」という制度があり、例えばトヨタ自動車の場合、株価は3〜4千円程度ですが単元が100株となっているので、約40万円程度の資金が必要です。任天堂などは、株価2.5万円の100株単元なので250万円が必要です。これでは気軽に投資できませんね。

しかし投信の場合、多くが1万口(1口1円)前後からの売買なので、約1万円から投資を始められます。また最近のネット証券では、投信の購入単位が1000口になっている場合もあるので、お小遣い程度のお金からでも始められます。

ふたつめのメリットは、そのような少額投資であっても、数百〜数千銘柄に分散投資するのでリスクが低い点です。投資信託は、数多くの投資家から資金を集めて運用されています。10万円しか持たない投資家は、せいぜい1〜2銘柄しか株を買えないでしょうが、10万円の資金が1000人分集まれば1億円になりますから、数百銘柄に分散投資することも容易になります。1銘柄しか持っていないと、その企業が不祥事などを起こせば資金を全て失うリスクがありますが、数百銘柄もあれば5社や10社が破綻してもほとんど資産は減りません。

3つめのメリットは、株式投資の勉強や企業の研究などをしなくても利益が得られる点です。投信は投資のプロ(ファンドマネージャー)が研究・分析を行って有望な企業へ投資してくれますから、貴方は何も勉強しなくとも利益を上げることが可能です。

株式投資と聞いて「沢山お金が必要なんでしょ?」とか「お金がゼロになるリスクがあるのでは?」と思い込んで、尻込みしている人も少なくないでしょう。しかし投資信託ならば、1万円以下の少額から投資でき、多くの企業に分散されているのでリスクも低く、しかも勉強など一切不要です。初心者の人は、メリットの多い投資信託から始めてみるのも良い方法だと思います。

但し投資信託は、証券会社によって取り扱いの有無があり、充実している証券会社とそうでないでない会社の差が大きいです。充実している会社としては、SBI証券楽天証券 などが挙げられます。1200本以上の投信が揃っていますので、初心者の人でもこの2社を選んでおけば安心だと思います。

 

金融商品一覧
日本株 投資信託 ETF
個人向け国債 新窓販国債 個人向け社債
ジャンク債 劣後債 外国債券
外国債券ファンド 外貨預金 FX(外貨預金として)
CFD 金地金 金ETF
不動産投資 REIT ヘッジファンド
デパート積立預金 ソーシャルレンディング マイクロファイナンス投資

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
 
 
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.