ギャンブルの控除率と税金 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金の雑学 > ギャンブル

ギャンブルの控除率(期待値)と税金

人類は古代より、洋の東西を問わず博打(ギャンブル)を好んでおこなってきました。形態はそれぞれ違えど、人間は本質的に賭け事が好きなのでしょうかね?

しかしギャンブルと一口に言っても、技術次第で勝ち組になれるものから、どうあがいても勝ち目はなく胴元だけが儲かるものまで様々です。買った金額が課税対象になるか否かも、ギャンブルによって違いがあります。

そこで当コーナーでは、日本および世界で行われている著名なギャンブルについて、技術介入の余地(努力次第で勝利できる可能性)とその控除率(参加者にどの程度配分されるのかという期待値)、そして税金支払いの有無などについてまとめてみたいと思います。

各ギャンブルの詳細については、クリック先の個別ページを参照下さい。

ギャンブル名 還元率 技術介入性
国内競馬 75% 全員がプロの予想を使うので×
世界の競馬 80%前後 日本競馬より技術介入性あり!
地方競馬 75% オッズの盲点が発生しやすい
競輪・競艇・オートレース 75% オッズの盲点が発生しやすい
パチンコパチスロ 8〜90% プロも存在、努力次第で勝てる!
麻雀(フリー雀荘) 腕次第 長期で見れば技量の差が出る
宝くじ 約45% 還元率は世界最悪?
ナンバーズ 約45% 宝くじ同様、勝ち目は無い
toto(サッカーくじ) 約45% 原理的には宝くじと同じ
カジノ(ラスベガスなど) 95%超? 還元率だけ見れば最もマシだが・・・
ブックメーカー センスがあれば儲かる・・・のか?

■各ギャンブルの詳細の見方

■運営元;JRA(事実上の国営)
■参加;20歳以上
■控除率;25%(一部20%)
■最大還元額;10万倍以上も!
■期待値;マイナスサムゲーム
■課税;年間プラスなら必要
■プロの存在;なし

控除率とは、参加者の掛け金の総額に対する、胴元が取る手数料分のこと。別名テラ銭。逆に、的中者への配当の割合のことを還元率と呼ぶ。控除率が低いほど、参加者にとって有利な賭けといえます。
式に表すと 【還元率 + 控除率 =参加者の掛け金の総額】 となります。

期待値;参加者全員の勝ち負けを合計すればゼロになる場合を「ゼロサムゲーム」といいます。多くのギャンブルは、胴元が手数料を取る為に、期待値がマイナスとなる「マイナスサムゲーム」になります。
一方で、株式投資のように(配当金や物価上昇に連動したりする為)長期で見れば)お金が増えていく=期待値がプラスになるものを「プラスサムゲーム」と呼んだりします。パチンコや麻雀などのように、参加者の技術次第で期待値がプラスにすることができるギャンブルも、ある意味「プラスサムゲーム」といえます。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
 
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.