toto(サッカーくじ) 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金の雑学 > ギャンブル > toto(サッカーくじ)

toto(サッカーくじ)の控除率と税金

toto(サッカーくじ)は、Jリーグの人気回復とスポーツ振興を目的に、2001年から鳴り物入りで導入されました。当初は売上げが低迷し、存続の危機まで叫ばれていましたが、キャリーオーバーで最大6億円にまで当選金が拡大する『toto BIG』の発売などで人気を盛り返し、一時は130億円台にまで低下していた年間売上高も、2008年には約800億円にまで拡大しています。

■運営;日本スポーツ振興センター
■参加;制限無し?
■控除率;約55%
■最大還元額;6億円
■期待値;マイナスサムゲーム
■税金;非課税
■プロの存在;ありえない

totoの控除率は、宝くじと同様に50%強に達するので、購入者の期待値は45%程度に留まります。但しtotoBIGでキャリーオーバー6億円が発生すると、期待値は50%超に高まります。

とはいえ、6億円のキャリーオーバー時でも他のギャンブルに比べれば、まだ期待値は低く、割りの悪いギャンブルに違いありません。しかもtotoBIGは他のサッカーくじのように自分で試合の結果を予想することは出来ず、コンピュータがランダムに選んだ予想が適用されますので、技術介入の余地も全くありません。

但し、宝くじ同様、配当金に対して税金が掛からないことは救いです。

ちなみに運営する「日本スポーツ振興センター」というのは独立行政法人、要するに官僚どもの天下り先です。totoの売上金もスポーツ振興に使われているという名目ですが、官僚どもが様々な手段で喰いモノにされているようで、問題視されています。期待値が低すぎて割に合わないという意味でも、官僚どもにカネを貢ぐのは馬鹿馬鹿しいという意味でも、宝くじ同様、止めておいた方が賢明なギャンブルです。

 

分析ギャンブル一覧
競馬(JRA) 世界の競馬
地方競馬 競輪・競艇・オートレース
パチンコ パチスロ
宝くじ ナンバーズ
TOTO(サッカーくじ) 麻雀(フリー雀荘)
ブックメーカー カジノ(ラスベガスやマカオ)

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
 
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

 

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.