日本人の年収の中央値 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > お金の雑学 > 世界の平均年収

日本人の年収〜平均値と中央値の違い

当サイトでは、公務員やサラリーマンなど幾つかに分けて、日本人の「平均年収」データを公開しています。しかし実は、平均年収という考え方には問題点が存在します。

年収というのは、多い人と少ない人の差が数千倍以上にも及びますので、平均値を出しても、それが一般庶民の実感からかけ離れた数字になりがちだという問題です。例えば年収400万円の人が30人、500万円の人が40人、600万円の人が30人いたとします。この時点で、この100人の平均年収はちょうど500万円です。

この中に、年収10億円の大金持ちが加わったとすると、この101人の平均年収は何と!1485万円にまで跳ね上がります。世の中には自分で会社を興した人や有名スポーツ選手など、年収が10億円以上ある人も決して珍しくありません。こういった富裕層が、平均値を大きく跳ね上げてしまうのです。

平均値というのは、各個人が大きく差のない事象の場合には、有益な指標です。例えば成人男子の身長を考える場合、日本人の99.9%以上が150〜200cmの間に収まり、小さい人の10倍・100倍の身長なんてことは起こりえませんから、平均値を出せば実感のある数字に落ち着きます。

中央値を使えば実感のある数字になる

年収のように、多い人と少ない人の差が数千倍以上にも及ぶ指標の場合、平均値ではなく「中央値」を使えば、実感のある数字に落ち着きます。中央値というのは、その比較対象を順番に並べて、ちょうど真ん中にあたる数字を抜き出す方法です。

前出の101人の年収比較の場合、真ん中の人(51番目)の年収は500万円ですから、この集団の年収の中央値は500万円となります。101人中100人の人(全体の99%)が400〜600万円に収まっていますから、500万円という数値はこの人達にとって、実感のある数字でしょう。

ということで、日本人の年収の中央値を探してみました。まず見つかったのは、厚生労働省が公表している「世帯所得」の数字です。これによると、2009年の1世帯あたりの所得は、平均値なら549万円ですが、中央値なら438万円だそうです。実に100万円以上(約25%)も、平均と中央値に差があります。

世帯年収の平均と中央値

一方で、世帯ではなく個人の年収の中央値を探したのですが、正確なデータは見あたりませんでした。しかし中央値は「全体の真ん中の人」を見つけることで推計できます。国税庁の「民間給与実態統計調査(2010年)※PDF」という資料に、年収の階層別割合が記されていますので、ここから真ん中に位置する人を推計できます。

この計算で行けば、サラリーマン男性の年収の中央値は約456万円と推計されました。同様にサラリーマン男性の平均年収は約507万円でしたから、平均値よりも中央値の方が10%強少ない結果となりました。また男女合計での中央値は約352万円で、平均年収である412万円に対して、やはり中央値が10%以上少ない結果となります。

「平均年収って高くない?」と疑問に思う人が多いそうですが、このように中央値で見てみれば、比較的実感のある数字だと感じませんか?

★他の関連ページ★
職業別平均年収  ・公務員の平均年収  ・都道府県別最低賃金
世界の国のGDP  ・ タックスヘイブンとは

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
 
お金のコラム&用語集
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.