ミステリーショッパー 【 WEB金融新聞 】

WEB金融新聞〜HOME > コラム&用語集 > ミステリーショッパー

ミステリーショッパー(覆面調査員)とは?

ミステリーショッパーとは、アルバイト調査員が客を装って店で買い物をし、抜き打ちで店員の接客態度や店の清掃状況などを調べる、いわゆる「覆面調査員」のことです。

ミステリーショッパーの調査する業種としては、居酒屋やファミレスなどの飲食店、スーパーなどの小売店、家電量販店、携帯電話ショップなどから、自動車ディーラーや銀行・証券会社など、極めて多岐に渡ります。しかし実際には、やはり飲食店の仕事が圧倒的に多く、マクドナルドやワタミ、牛角やすかいらーくなどの有名チェーン店では頻繁に調査が行われているようです。

ミステリーショッパーの実際の仕事を、飲食店調査を例に説明します。飲食店なら、昼食時や夕食時など限られた時間にお客として来店するため、仕事の合間に行えるアルバイトだということで、会社員の副業としても人気があります。勿論、実際に食事した代金はアルバイト代として支払ってもらえるので、食費を浮かす事も出来るというメリットもあります。

まず調査するお店や食べるメニュー、来店する時間帯などを会社から指定されます。調査員は、指定されたお店で普通のお客を装って食事をし、従業員(店員)の接客態度や、注文してから料理が出てくるまでの時間を調べたり、トイレが綺麗な清掃状態で保たれているかなどをチェックします。

お店での調査が終われば、その内容を指定されたレポートに書き込んで提出します。レポートには上記の項目以外にも、応対に当たった店員の名前や、店員達が私語をしていないか、服装は乱れていないか、など結構細かいチェック項目が設けられています。

しかし、店内でメモ書きをすることはご法度です。店員側に、自分が店舗調査員である事がバレてしまっては、抜き打ち調査の意味が薄れてしまうからです。メールを打つふりをして携帯電話にメモしたり、トイレに行ってメモをするなど、従業員にばれないように振る舞うことが求められます。

ミステリーショッパーの求人募集と時給

ミステリーショッパーの時給は、調査一軒に付き2〜3千円程度ということが多く、交通費も出ない場合がほとんどです。決して荒稼ぎできるバイトではありませんが、仕事などの合間の時間で行えることや、食費を浮かせられることなどを考えると、中々美味しいバイトだと思います。

しかしミステリーショッパーの募集は、求人雑誌で応募をかけることはほとんど無く、一部のインターネットサイトで募集があるだけです。しかも仕事は基本的に一回ぽっきりの単発バイトですし、人気も非常に高いので、競争率は相当激しいようです。その為、ミステリーショッパーの仕事にありつく最も確実な方法は、覆面調査を専門に扱う派遣会社に登録する事です。

例えばマーケティングクリエイティブは、覆面調査として30年の歴史と年間2万店以上の実施実績のある老舗会社です(※注:廃止)。こういった会社に登録しておけば、沢山のミステリーショッパー求人を検索〜応募できますので、時給から勤務地や自分の空き時間など、条件に合う仕事にピンポイントでありつけるというわけです。

 

    サイトメニュー
お金を稼ぐ
お金を貯める・増やす
お金を節約する
お金を借りる
保険の基礎知識
自動車とお金
お金の雑学(トリビア)
お金のコラム&用語集
 
特集
  ワイマックス家使い
趣旨&免責事項
   
HOMEへ戻る

WEB金融新聞 (C) 2013.BOM. All rights reserved.